スポンサーリンク

K-POPファンが使う「シパ」と「ペン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シパ」と「ペン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、K-POPファンが使う「シパ」「ペン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シパ」とは?

「シッパー」の略です。

もともとは、男性同士の同性愛を題材とした小説や漫画で使われていた言葉といわれています。

メンバーのあるものとあるものとが、特定の関係になっていると妄想して楽しむファンのことを「シパ」または「シッパー」といいます。

日本に紹介されているK-POPの歌手は、グループであることが少なくありません。

歌手一人だと特定の人との結びつきはなく、恋愛関係であると妄想することはできません。

しかし、グループであれば、誰と誰が恋愛関係であると想像することが可能です。

そして、妄想して楽しめるのです。

K-POPの歌手の中には日本語がわからない人もおり、日本人の歌手よりもミステリアスな雰囲気があります。

わからないところがあるからこそ、ある人とある人が結びついていると想像しやすく、妄想を楽しむことができます。

実際には恋愛関係にはありません。

あくまでも想像です。

「シパ」の使い方

特定のもの同士で恋愛関係にあると妄想して楽しむファンのことを指して使用します。

男性と男性の組み合わせ、女性と男性の組み合わせ、女性と女性の組み合わせがあります。

「ペン」とは?

ファンのことです。

K-POPファンが使うときは、K-POPの特定の歌手やグループの熱心な支持者・愛好者であることを意味します。

K-POPファンは、すべてのK-POP歌手やグループが好きなのではなく、特定の歌手やグループが好きです。

これは日本の歌手やグループにもいえることです。

日本ではファンと言うことが一般的ですが、韓国では「ペン」ということがあります。

とくに支持をしているわけではないけれど、ときどき曲を聞くというK-POPの歌手などがいることはあります。

しかし、この歌手は熱心に支持しているのではないので「ペン」ではありません。

「ペン」の使い方

特定の歌手やグループの支持者という意味で使用をします。

この言葉を使う人は、その相手を熱心に支持しています。

特に興味がない相手には使用しません。

日本でも特定の歌手などを熱心に支持している人がいますが、このことにはあまり使用せず、主に韓国の歌手やグループに対して使用されています。

K-POPファンの間で使われ、日本の歌手などのファンには使われません。

「シパ」と「ペン」の違い

どちらもK-POPが好きな人の間で使われている言葉です。

前者の言葉は、ある人とある人が恋愛関係にあると妄想をして楽しむ人を意味しています。

後者の言葉は、熱心な支持者のことです。

特定の人やグループを応援している人を指しています。

まとめ

どちらの言葉も韓国の歌手が好きな人の間で使用されています。

韓国の歌手をあまり知らない人にとっては、なじみがない言葉でしょう。

この2つの言葉は、K-POPファンの間では区別して使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典