スポンサーリンク
意味と使い方

「失態」とは?意味や使い方を解説

「失態」 失態は「しったい」と読み、人の笑いものになってしまうような失敗をすること、対面を失う事を指しています。 あるいは不注意で非効率的な管理を指すこともあり、そのような場合は不行き届き、不始末、という類義語が挙げ...
意味と使い方

「邪険」とは?意味や使い方を解説

「邪険」 邪険という言葉は「じゃけん」と読みます。 他の人を取り扱う方法などが意地悪で、無慈悲で、荒々しい状態を指しています。 名詞あるいは形容動詞として使われることがあり、薄情と同等の意味を持っています。 ...
意味と使い方

「習熟」とは?意味や使い方を解説

「習熟」 習熟という表現は「しゅうじゅく」と読みます。 そのことに十分に慣れており、上手になること、熟達すること、を指しています。 例えば車の免許を取りに行くと、最初は若葉マークで運転しますよね。 若葉マークの家...
スポンサーリンク
意味と使い方

「早計」とは?意味や使い方を解説

「早計」 早計というのは「そうけい」と読み、早まった考えや判断をしてしまうことを指しています。 軽はずみな言動をしたり、よく考えることなく行動してしまったりすることを指しているのです。 ネガティブな意味合いで使われ...
意味と使い方

「漂う」とは?意味や使い方を解説

「漂う」 漂うと言うのは「ただよう」と読むことができ、さまようことを指す場合もありますし、空中や水にふわふわ浮いている様子を指すこともあります。 例えばクラゲが漂うと言う言い方もできますし、フラフラ漂うと言う言い方も...
意味と使い方

「妙齢」とは?意味や使い方を解説

「妙齢」 「妙齢」は「みょうれい」と読みます。 子供の頃よりも大人になってから使う機会が増える言葉です。 「妙齢」の意味 「妙齢」の意味と語源について紹介します。 「妙齢」の意味 ...
意味と使い方

「夢現」とは?意味や使い方を解説

「夢現」 「夢現」は「ゆめうつつ」と読む言葉で、「夢うつつ」と表記されることもあります。 店名や商品名などで「夢現」を敢えて「むげん」と読ませることもありますが、本来は「ゆめうつつ」と読む言葉ですので注意しましょう。...
意味と使い方

「目下」とは?意味や使い方を解説

「目下」 「目下」には異なる二種類の読み方があり、それによって意味も異なってきます。 「めした」と読む場合には、自分より地位や階級、家族関係や年齢などの点で下にある人物を意味し、「もっか」と読む際には、直面する今この...
意味と使い方

「来歴」とは?意味や使い方を解説

「来歴」 来歴という言葉は「らいれき」と読み、物事が過ぎてきた次第や由来、由緒、あるいは人の経歴や履歴を指すこともあります。 名画の来歴、マザーテレサの来歴、などと使うことができる言葉です。 「来歴」の...
意味と使い方

「瑣末」とは?意味や使い方を解説

「瑣末」 「瑣末」は「さまつ」と読みます。 難しい言葉で日常会話で使うことはありませんが、ビジネス文書で出てくることがあります。 「瑣末」の意味 「瑣末」の意味や由来などについて紹介します。 ...
スポンサーリンク