スポンサーリンク

「うんちく」と「雑学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「うんちく」と「雑学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「うんちく」「雑学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「うんちく」とは?

「うんちく」は、蓄えた深い学問や知識のことです。

漢字で書くと「蘊蓄」または「薀蓄」です。

「蘊」「薀」も、たくわえるという意味があります。

「蓄」もたくわえるを意味する漢字です。

「うんちく」「たくわえる」という意味を持つ漢字を2つ並べた言葉で、蓄えている学問や知識のことを意味します。

「雑学」とは?

「雑学」は、多方面にわたるまとまりのない知識や学問のことです。

学問に関すること以外でも雑多な知識を「雑学」といいます。

「雑」には、まとまりのない、とりとめのないという意味があります。

「雑多」とは、さまざまなものが入り混じっていることです。

「うんちく」と「雑学」の違い

「うんちく」「雑学」は知識に関する言葉ですが、違いがあります。

「うんちく」は、蓄えた深い学問や知識のことです。

「雑学」は、まとまりのない知識や学問のことです。

「うんちく」には「蓄えた」という意味が含まれていますが、「雑学」にはこの意味は含まれていません。

「雑学」は、「まとまりのない」知識や「雑多」な知識を指す言葉です。

まとめ

「うんちく」は蓄えた深い知識のこと、「雑学」はさまざま入り混じった知識のことです。

2つの言葉は異なる意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典