「おもんぱかった」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おもんぱかった」とは?意味

「おもんぱかった」という表現は、「ある物事・状況・相手について、あれこれと思い(思慮)を巡らしていること」を意味しています。

「おもんぱかった」の漢字表記は「慮った」になり、元々は「おもい・はかる(思い・量る)」から生まれた言葉です。

「おもんぱかった」というのは、「物事・相手・状態などについて配慮(考慮)していること」を意味している表現なのです。

「おもんぱかった」の表現の使い方

「おもんぱかった」の表現の使い方を紹介します。

「おもんぱかった」の表現の使い方は、「物事の状況や相手の様子に対して、あれこれと思いを巡らしている場合」「ある物事・相手について配慮(考慮)している時」に使うという使い方になります。

例えば、「現在の状況をおもんぱかって、連絡することはやめておきました」などの文章で使用することができます。

「おもんぱかった」を使った例文と意味を解釈

「おもんぱかった」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「おもんぱかった」を使った例文1

「結婚する彼が、私の父のプライドをおもんぱかった紳士な対応をしてくれたことに感謝しています」

この「おもんぱかった」を使った例文は、「おもんぱかった」の表現を、「結婚する彼が、私の父のプライドに配慮してくれた紳士な対応」という意味を持つ文脈で使っています。

「おもんぱかった」を使った例文2

「未成年の被害者がいる少年事件の性質をおもんぱかって、マスコミの報道姿勢も控えめなものになっていました」 この「おもんぱかった」を使った例文は、「未成年の被害者がいる少年事件の性質に思いを巡らせて配慮(考慮)して」という意味合いで、「おもんぱかった」の表現を使用しています。

「おもんぱかった」の類語や類義語

「おもんぱかった」の類語や類義語を紹介します。

「配慮した」【はいりょした】

「おもんぱかった」という表現は、「相手の心情・物事の状況などにあれこれ配慮していること」を意味しています。

「配慮した」の言葉は、「相手や物事に気を使って心配りしていること」の意味を持っています。

これらの意味から、「配慮した」の表現を、「おもんぱかった」とよく似た類語として解釈できます。

「思いやった」【おもいやった】

「おもんぱかった」という言葉は、「相手の気持ちや状況などに配慮して思いやっていること」を意味しています。

「思いやった」というのは、「相手の心情・状況などに、思いやりを持って気にかけていること」を意味している表現です。

その意味合いから、「おもんぱかった」と類似の意味を持つ類義語として、「思いやった」を上げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典