スポンサーリンク

「おススメ」と「一押し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おススメ」と「一押し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おススメ」「一押し」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「おススメ」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「おススメ」とは?

最初に「おススメ」の意味をご説明致します。

「おススメ」の場合は例えば、接客業などでお客様からおススメ品を尋ねられた場合に、自分が思うおススメの商品をお客様に勧めることです。

「一押し」とは?

次に「一押し」の意味を解説していきます。

「一押し」の方は、対象の企業や商品があると仮定します。

その中で最もグレードなどが良い商品を、お客様や関係者に勧めることです。

いわば1番の商品を勧める際に、使われる言葉になります。

「おススメ」と「一押し」の違いとは?

ここでは「おススメ」「一押し」の違いを取り上げてみましょう。

「おススメ」とは、お客様や関係者などに、自分が良いと思う商品を勧めることです。

もちろんお客様の雰囲気やニーズなどを、把握してから提案することが、前程となります。

「一押し」の場合は、自分の所属する団体で最も優れている商品などがあるとします。

その商品を関係者にあたる者やお客様に対して、明確な根拠を持って説明し、勧めることです。

前者の場合は、自分の匙加減で勧められます。

しかしながら、後者の方はお客様に対し、NO1の商品を勧めることになります。

「おススメ」と「一押し」の使い方の違い

この項目においては、「おススメ」「一押し」の使い方の違いを説明します。

「おススメ」を使うときは、自分が良かれと思う商品などをお客様に勧めるときに使うことが一般的でしょう。

「一押し」の場合は、最も良い商品で且つ売り出し中のものを勧めたいときに、使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の場合
「店長のおススメのナポリタンは、非常に美味しかったです」
後者の場合
「今月の一押しの曲は、浜省の新曲です」

「おススメ」を使った例文

ここでは「おススメ」を使った例文を書いていきます。

・『おススメは、こちらの美容液の方が、お客様に適しているかと思います』
・『彼のおススメ品を買ってみたら、本当に痩せられました』
・『おススメ品は、やはりすぐに売り切れになってしまうという欠点があります』
・『店員のおススメ品のプロテインは、とても飲みやすかった』
・『おススメにこだわらず、自分で判断して購入したい』

「一押し」を使った例文

最後の項目においては、「一押し」を使った例文を書きます。

・『観光の一押しスポットを教えてくれました』
・『一押しの自己啓発本は、やはり一味違いました』
・『一押しなのかもしれないが、僕には合わなかった』
・『一押し商品のテレビは、非常に扱いやすくて、観やすいです』
・『社員さんの一押し商品は、とても良い品物でした』

まとめ

まとめとして「おススメ」とは、接客業などでお客様に良いと思う商品を勧めることです。

ニーズ把握することが要求されます。

「一押し」の場合は、自分の会社などの商品の中で、一番良いものをお客様などに勧めることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典