スポンサーリンク

「お情け程度」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お情け程度」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お情け程度」の意味を分かりやすく説明していきます。

知らない単語を、短時間で学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「お情け程度」とは?意味

「お情け程度」とは、憐れみ程度のこと。

スズメの涙くらい、ごく僅かなことです。

数えるくらいしかない状況や、少量しかない場合に用います。

お情け程度の「お情け」とは「御情け」をあらわしています。

御情けは江戸時代から使われている言葉で「周りの人に対する慈しみの気持ち」です。

かわいそうだと思って、手をかけてあげる様子を伝えています。

そのため「お情け程度」は少しの気持ちを付け加えただけのもの。

気持ち程度のことです。

「お情け程度」の概要

「お情け程度」はSNSで使われるようになり、しだいに馴染んできた言葉です。

「お情け程度」の原型は、古くからあった「お情け」です。

「お情け」には「恵み・愛情」という意味が込められています。

「常連客のお情けで、商品はすべて売り切れた」「お情けでご飯を食べさせてもらった」などと用います。

すでに完成形である「お情け」「程度」を後から付け加えたものが「お情け程度」です。

「お情け」のみだと重くてかた苦しいイメージになります。

そこに柔らかいニュアンスの「程度」がはいると、一気にカジュアルな雰囲気になります。

聞いている人の負担になりすぎない言葉、湿っぽくならない言葉が「お情け程度」です。

「お情け程度」の言葉の使い方や使われ方

「お情け程度」はこのように用います。

おもにSNSで使われています。

・『クリスマスケーキに、お情け程度のイチゴがのっていた』
・『お情け程度のボーナスしか出なかったので、ガッカリした』
・『野外ライブには、お情け程度のファンしか集まっていなかった』
「お情け程度」とは、ほんの少しの量や金額、人数のこと。

数えるくらいしか、無いことです。

そのためトッピングが少ないケーキ、はした金程度のボーナス、泣きたくなるくらい少ない野外ライブなどに用います。

予想よりも少なくてガッカリした時、泣きそうな時に使う表現です。

嬉しい状況ではあまり使わないので、注意しておきましょう。

「お情け程度」の類語や言いかえ

・申し訳程度
・気持ち程度
・雀の涙
・猫の額
「申し訳程度」「気持ち程度」などは、金額がとても少ないこと。

ご祝儀などを手渡しするとき、へりくだって使う言い方です。

「雀の涙」はスズメの流す涙くらい、少ないという意味があります。

猫の額はネコのおでこくらい、とても狭いことです。

まとめ

「お情け程度」の意味や使い方をチェックしました。

「お情け程度」とは、ほんの少しのこと。

憐れみ程度しか与えられていない状況です。

もともとある「お情け」から進化した言葉で、期待通りの量や物が入っていなかったときに用います。

残念だった状況で、自虐的に用いる言い回しです。

色々な言葉を知っておくと、今の気持ちを自在に操ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典