スポンサーリンク

「ご健勝」と「ご多幸」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご健勝」と「ご多幸」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご健勝」「ご多幸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご健勝」とは?

「ご健勝」は、健勝という言葉に「ご」という言葉をつけた丁寧語で、健康に打ち勝ったことを指し、健康であることを意味する言葉です。

つまり、「ご健勝」は、健康でいることを意味する言葉になります。

「ご多幸」とは?

「ご多幸」は、多幸という幸福が多いことをおめでたいことであると称して、丁寧語で表記した言葉です。

丁寧語であるが故、目上の人物に対して運が良いことを喜ばしいという意味で使用します。

「ご健勝」と「ご多幸」の違い

「ご健勝」「ご多幸」の違いは目上の方が単に健康でいることを喜ばしいというか、運が良いことを喜ばしいとするかです。

「ご健勝」は健康でいることを喜ばしいとし、「ご多幸」は運が良いことを喜ばしく思い、両者は目上の方に対して使用する点では同じです。

「ご健勝」の例文

・『ご健勝をお祈りします。』
この例は、健康でいることをお祈りするという言葉で、目上の方に対して、健康でいられることをお祈りするという意味になります。

「健勝」が健康でいることを喜ばしいと思うことであるため、この例は健康でいることが喜ばしいことであるとお祈りをしているのです。

・『ご健勝とご発展をお祈りします』
この例は、健康でいることをお祈りしかつ発展することもお祈りするとしたビジネスの定型文です。

相手の方の健康と発展を望む場合使用する言葉になります。

「ご多幸」の例文

・『御社の成長、ご多幸になります。』
この例は、かなり失礼な文章で、あなたの会社の成長は単に運が良かったことで喜ばしいことだと言っています。

つまり、運がよく、成長できて喜ばしいことですと述べていますので、相手の企業の方をかなり侮辱しています。

「ご多幸」は運が良いことを喜ばしいという意味になりますが、企業や目上の方に対して使用する場合、かなり上から目線で運が良かったな、成長できて喜ばしいという意味になるため、企業間同士で使用する言葉としては不適切です。

・『御社のご健勝と、ご多幸をお祈りします』
この例は、あなたの会社の人員一同の健康と幸運をお祈りするという物で、ビジネスでの定型文の一つです。

前置きにご健勝と付け加えたが故、単純に運が良かったなと文面が変化しないのがこの言葉の利点になります。

まとめ

「ご健勝」「ご多幸」の違いは、健康を喜ばしいと思うか、運が良いことを喜ばしいとするかで、ビジネスにおいては、「ご多幸」だけの記載はいらぬ誤解を生みます。

誤解内容は、あなたの会社は運が良かった、実に喜ばしいという意味にとらえられてしまうのが、「ご多幸」だけを記載した文面で、例えば、「御社の成長、ご多幸になります」などがまさに失礼な文章の典型です。

その為、ビジネスでは、先に「ご健勝」「ご発展」という前置きで文章を作ったうえで、運が良いことを望むような感じで文章を持っていくのが自然な流れでいらぬ誤解を生まないビジネスの定型文になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典