スポンサーリンク

「ご厚情痛み入ります」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご厚情痛み入ります」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご厚情痛み入ります」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご厚情痛み入ります」とは?意味

相手の好意に深く感謝をしていることを表す言葉です。

「厚情」には心からの深い思いやりの気持ちという意味があり、「痛み入る」には相手の手厚い好意や配慮に深く感謝するといった意味があります。

恐縮の気持ちが込められている言葉です。

「ご厚情痛み入ります」の概要

ふだん感謝を示すときには、「ありがとうございます」という言葉を使います。

人によっては「すいません」を使うこともあるでしょう。

「すいません」は申し訳ないという謝る意味もあるので、感謝を伝えるときには「ありがとうございます」を使うのが一般的です。

「ご厚情痛み入ります」も感謝の気持ちを伝える言葉です。

家族同士などで普段使うことは少なく、ビジネスシーンなどで使われています。

「ありがとう」と違う点は、恐縮する意味が含まれている点です。

恐縮とは、相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして、申し訳なく思うことです。

日本人は控えめな態度をとることが少なくありません。

相手からの好意を受けたときも控えめな態度をとり、申し訳なく感じてしまうことがあります。

自分がそのようなありがたいことを受けるのはもったいない、という気持ちがあるのです。

「ご厚情痛み入ります」は、そのような気持ちが込められています。

この言葉には、本当に感謝している意味もあるのですが、皮肉の意味が込められていることもあります。

口では感謝していても、うわべだけのことがあるのです。

「ご厚情痛み入ります」の言葉の使い方や使われ方

目上の人に対して使うことが多い言葉です。

改まった言い方なので、目下の人に使うことはあまりありません。

よく使われるのはビジネスシーンです。

ビジネスの場では、上司や取引先など目上の人とかかわることが多いでしょう。

目上の人から何か物をもらったり、メールをもらったりすることもあるはずです。

そういったときに、感謝の気持ちを伝えるために使用します。

何に対して感謝しているのかを添えて使うとよいです。

ただし、皮肉に聞こえないように注意が必要です。

忠告をされたとき、それを本当にありがたいと感じる人もいることでしょう。

しかし、このときに「ご厚情痛み入ります」を使うと、「そんなこといわれなくてもわかっている」と皮肉だと受け取られる可能性があります。

「ご厚情痛み入ります」の類語や言いかえ

「恐縮です」が似た意味を持っている言葉です。

「痛み入る」には恐縮の意味が含まれています。

「恐縮です」は厚意を申し訳なく思ったときや、相手に迷惑をかけたときに使用します。

感謝よりも申し訳ないという意味合いがあります。

まとめ

普段使うことが少ないなじみがない言葉ですが、知っていて損はないでしょう。

ビジネスシーンなどで、目上の人に対して使うことがあるかもしれません。

感謝を伝えるときに使用します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典