スポンサーリンク

「ご友人」と「お知り合い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご友人」と「お知り合い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご友人」「お知り合い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご友人」とは?

「ご友人」は、「友人」「ご」がついた言葉です。

「友人」には、ともだちという意味があります。

「ともだち」は、心を許し合っている存在です。

一緒にいて心が休まる存在だともいえます。

「ご」は尊敬の意を表す言葉です。

「ご両親」「ご家族」といった使われ方もし、この場合も相手に対して尊敬の意を表しています。

「ご友人」は相手に対して使う言葉で、自分自身の友達に関して話す場合には使用しません。

たとえば、子どもが学校の友達のことを話すときに母親に向かって「僕のご友人と遊んだ」といった言い方はしません。

「お知り合い」とは?

「お知り合い」は、「知り合い」「お」がついた言葉です。

「知り合い」は、互いに知っている人を意味します。

たとえば、「知り合いの花屋さん」という場合は、自分自身が花屋さんのことを知っているし、花屋さんもあなたのことを知っています。

「お」は尊敬の意を表す言葉です。

敬う人の行為や物、その対象について使い、「お手紙」「お話」のような使い方をします。

「ご友人」と「お知り合い」の違い

「ご友人」「お知り合い」は、尊敬の意を表す「ご」「お」がついており、どちらも相手やその行為やものを敬うときに使用をします。

「ご友人」は心を許し合っている存在のことです。

「お知り合い」は互いに知っている人のことです。

この場合は、心を許し合っているかは関係ありません。

まとめ

「ご友人」「お知り合い」は、どちらも敬うときに使用する言葉です。

どちらも相手が知っている人のことですが、「ご友人」の場合は心を許しており、「お知り合い」はただ知っているだけの違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典