スポンサーリンク

「ご明察の通り」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご明察の通り」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご明察の通り」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご明察の通り」とは?意味

「ご明察の通り」「ご明察」とは、「明察」に丁寧に表す「ご」を付けた言葉です。

「明察」とは、物事に対してその真相や状況、あるいは事情や事態を見抜いたり、理解したり、はっきりと判断したりする意味を持ちます。

それに丁寧に表す「ご」をつける事で、相手の推理や判断にいついて相手を尊敬したり敬ったりする言葉になります。

「通り」とはその物事が、言葉や行動に示したと同じという意味があります。

そのため「ご明察の通り」となると、ある事柄を目上の人などがはっきりと特定したり見抜いたりした場合、その事実を知る人が特定した事を賞賛したり、持ち上げたりする際に「ご明察の通り」と使われます。

「ご明察の通り」の概要

「ご明察の通り」は、何か問題が解決していない事などを推理や洞察などによってはっきりと問題を解決した場合、その問題の原因や解決方法を元から知っている人によって、それが正しいという事を賞賛する場合に使われます。

「ご明察の通り」の言葉の使い方や使われ方

「ご明察の通り」とは、ある事柄の事情や事態をはっきりと見抜いた人を、その事情に詳しい人や事態を把握している人が、その通りだと賞賛する場合に使用される言葉です。

よく推理小説などで探偵役のキャラクターが犯人の動機や犯行の手口をはっきりと指摘したりした場合、犯人役のキャラクターが探偵役に対し「ご明察の通りだ」と犯行を自供するような場面が描かれます。

このように、その問題の事情を知っている犯人が、探偵役にはっきりと問題について指摘され、真相について追及された場合に犯人役が事実だと認め、探偵役を賞賛する際に「ご明察の通り」と使ったのです。

これは推理小説という物語の中での会話にすぎませんが、日常生活ではなかなか「ご明察の通り」という言葉を使う機会はありません。

仕事などの商談で、取引先の客が自社商品について説明するまでもなく商品の特徴などを指摘したり言い当てた場合に、客を持ちあげるために「ご明察の通りです」と使われる場合もあります。

このように「ご明察の通り」が使用されるのは、相手が目上でありかつ、事柄をはっきりと見抜いた人に対して、賞賛したり持ち上げたりする場合に使われるのです。

「ご明察の通り」を使った例文(使用例)

・『警部のご明察の通り、犯人はこの私だ』
・『お客様のご明察の通り、この料理にはトマトが隠し味で使用されています』
・『ご明察の通りこの商品の値段は少し高額となっています』

まとめ

「ご明察の通り」とは、目上や立場の上の人などが、特定の事柄についてはっきりと特定したり指摘した場合に、その事情や事柄をよく知っている人によって、特定した事を賞賛したり持ち上げたりする場合に使われる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典