スポンサーリンク

「だらだら」と「ごろごろ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「だらだら」と「ごろごろ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

休日は「だらだら」「ごろごろ」して過ごしている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「だらだら」「ごろごろ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「だらだら」とは?

「だらだら」には、4つの意味があります。

1つめは、液体がたくさん流れるさまです。

「テーブルにこぼした牛乳が床にだらだらこぼれる」のような使い方をします。

2つめは、道が緩やかな斜面になっているさまです。

「坂道がだらだらと続く」のような使い方をします。

3つめは、変化の乏しい状態が続くさまです。

「会合がだらだらと長引く」のような使い方をします。

4つめは、気分などがゆるんでしまりがないさまです。

「生活がだらだらしている」のような使い方をします。

「ごろごろ」とは?

「ごろごろ」には、数多くの意味があります。

音を表す言葉として「ごろごろ」が使われることがあります。

「雷がごろごろと鳴る」「猫が喉をごろごろと鳴らす」のような使い方をします。

大きくて重たいものがゆっくり転がるさまを「ごろごろ」で表現することもできます。

また、あちこちにものが騒然と転がっているさまも意味します。

「小石がごろごろと転がっている」のような使い方をします。

いくらでもあり触れているさまという意味もあります。

「よく聞くごろごろした話し」のような使い方をします。

何もない暇を持て余しているさまという意味もあります。

「ごろごろして過ごす」のような使い方をします。

「だらだら」と「ごろごろ」の違い

「だらだら」が持つ意味の、気分が緩んで締まりがないさまと、「ごろごろ」が持つ意味の、何もない暇を持て余しているさまという意味が似ていますが、厳密には意味が異なります。

「だらだら」は、気持ちや態度に緊張感がない様子です。

「ごろごろ」は、暇で時間の扱いに困っている様子です。

まとめ

「だらだら」「ごろごろ」は意味が似ているようでも、ニュアンスが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典