スポンサーリンク

「とうとう」と「ようやく」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「とうとう」と「ようやく」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「とうとう」「ようやく」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「とうとう」とは?

「とうとう」とは、「ある物事・目的が最終的に実現したこと」を意味している言葉です。

「とうとう」の表現には、「ある物事・目的が最後まで実現しないままで終わること」といった逆の意味合いも備わっています。

例えば、「とうとう練習の成果を発揮できました」「とうとう試合に勝てないまま学生時代が終わりました」などの例文で使えます。

「ようやく」とは?

「ようやく」とは、「長期間にわたって望んでいた物事が、最終的に実現に至ること」を意味している表現です。

「ようやく」の表現には、「少しずつ(段階的に)ある状態に至るさま」といった意味合いもあります。

例えば、「ようやく目的地に到着しました」「ようやく夜が明けてきました」などの文章で使用できます。

「とうとう」と「ようやく」の違い!

「とうとう」「ようやく」の違いを、分かりやすく解説します。

「とうとう」「ようやく」はどちらも「最終的にある状態に至ること」を意味していますが、「とうとう」「ある物事が最終的に実現すること・ある物事が最後まで実現しないこと」の両義的な意味を持っています。

「とうとう」に対して「ようやく」のほうには、「最後に至るまである物事が実現しないさま」の意味合いがない違いがあります。

また「ようやく」には「とうとう」にはない、「少しずつある状態になること」といった意味もあります。

例えば、「ようやく傷が回復してきました」の文章の「ようやく」「とうとう」に言い換えることはできません。

「とうとう」「口語・話し言葉」で多く使われ、「ようやく」「文語・書き言葉」で使われるという違いもあります。

まとめ

「とうとう」「ようやく」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「とうとう」とは「ある物事が最終的に実現すること・最後まで実現しないこと」を意味していて、「ようやく」「長らく希望していたことが最終的に実現すること・少しずつある状態に至るさま」を意味している違いがあります。

「とうとう」「ようやく」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典