スポンサーリンク

「ひれ伏すしかない」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひれ伏すしかない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ひれ伏すしかない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひれ伏すしかない」とは?意味

平伏するしかないという意味です。

平伏とは、両手をついて頭を地面につけて礼をする動作です。

土下座に似ていますが、土下座は相手に謝罪をするときの行為です。

平伏は、力のある者に対して行う動作になります。

たとえば、時代劇などで偉い人に対して庶民が頭を深く下げるシーンがありますが、あのような動作を指しています。

しかないは、仕方がないという意味です。

どうすることもできない、他に方法がないことを指しています。

つまり、「ひれ伏すしかない」は、頭を深く下げるしか方法がないという意味になります。

「ひれ伏すしかない」の概要

日常的に深く頭を下げることは、そうそうないでしょう。

そういったことをするのは、相手に迷惑をかけたり、失礼をしたりして、迷惑をかけたと思ったときです。

「ひれ伏すしかない」は、迷惑をかけたり、失礼をしたりして、深く頭を下げることを指しています。

相手が本当に迷惑を受けたときには、軽く謝っただけでは許してくれないことでしょう。

とくに社長など自分の上に立つ人や取引先の相手などに迷惑をかけたとき、許してもらえないと自分の身がどうなるかわかりません。

また、こういった人は高いプライドを持っていることがあり、簡単には許してくれないことがあります。

どうしても許してもらわなければならないとき、日本人は深く頭を下げます。

地面に手をついて頭を下げるまではしなくても、180度くらい体を曲げて謝ることでしょう。

頭を低くすることで、許しを請うのです。

そうするしか許してもらう方法がないといった状態です。

こういったさまを指している言葉です。

頭を深く下げて謝るのは日本人に特有の行為で、文化の違いによって海外では謝罪をするときに頭を下げない国もあります。

そのため、謝罪をするときに深く頭を下げても、海外ではそれで許してもらえるかはわかりません。

頭を下げる文化がない国では、ひれ伏しても意味がないかもしれません。

何をしているのか理解してもらえないことでしょう。

「ひれ伏すしかない」の言葉の使い方や使われ方

ひたすらわびることを指して使用することがあります。

相手に迷惑をかけたり、失礼をしたりして、申し訳なく思ったときの動作を表しています。

ひれ伏すには、平伏という意味があります。

平伏は権力のある人などに対して行うものです。

そのため、自分よりも力のある人などに対して、頭を下げて身を低くすることを指しても使用されます。

「ひれ伏すしかない」の類語や言いかえ

「平身低頭」が似たような意味を持っている言葉です。

地面に頭がつきそうなほど身を低くして謝ることを指しています。

申し訳ないという気持ちやわびる気持ちが込められています。

まとめ

ひれ伏すとは、頭が地面につきそうなほど身を低くすることです。

それくらい深く謝罪の気持ちを表していることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典