スポンサーリンク

「まどろみかけた」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「まどろみかけた」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「まどろみかけた」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「まどろみかけた」とは?意味

うとうとしそうになった、眠りそうになったという意味です。

「まどろみ」「まどろむ」のことで、「まどろむ」にはわずかの間うとうとする、寝入る、眠るという意味があります。

お昼を食べた後、温かい室内にいると、目が閉じそうになり、頭がこくこくと傾いてくることがあります。

このときの状態です。

「かけた」「かける」の過去形で、「かける」には~しそうになる、途中まで~するという意味があります。

こういったことから、「まどろみかける」とは、うとうととしそうになる、眠りそうになるという意味になります。

「まどろみかけた」の概要

気持ちがよいときには、目が閉じそうになり、頭がこくこくと傾いてくることがあります。

本格的に眠っているのではないけれど、眠りそうになっている状態です。

このときのさまを意味する言葉になります。

たとえば、春の日差しが降り注ぐ午後の縁側です。

気温は人間が過ごすのにちょうどよいくらいです。

暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい気温です。

そして、外からは柔らかな日差しが入り込んできています。

ギラギラと強い夏のような日差しではなく、夕暮れ時の少し寂しいような日差しでもありません。

このような場所にいると、心も体もゆるんできます。

気持ちがよいと眠たくなってきます。

眠るためには、副交感神経が優位になっていることが大切です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は日中に主に働き、ストレスが強いときにも活発に働きます。

副交感神経は寝ている間に活発に働き、リラックスしているときにも活発になります。

副交感神経が優位なときには、リラックスして眠りにつきやすくなります。

気持ちがよいときには副交感神経が優位になりやすく、このようなときには眠りそうになる場合があります。

そして、うとうととしてしまいます。

うとうととして、眠りそうになったことを「まどろみかけた」といいます。

実際には眠っていません。

眠りそうな状態だけれど、まだ意識は夢の世界に入っていない、そのような状態です。

「まどろみかけた」の言葉の使い方や使われ方

眠りそうになったことを指して使用をします。

お昼ご飯を食べた後の温かくて気持ちがよいとき、電車に揺られているときなどに、このような状態になりやすいです。

そういったときに使われます。

しっかりと眠ってしまった場合は、この言葉な使用しません。

「まどろみかけた」の類語や言いかえ

「うとうとしかける」が似た意味の言葉です。

浅い眠りになりそうな状態を意味します。

本格的に眠っている状態ではありません。

まとめ

気持ちがよいときには眠りそうになってきます。

しかし、電車の中だったり、仕事中だったりすると、本格的に眠るわけにはいきません。

眠りそうだったけれど眠らなかった、そのときの状態を意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典