スポンサーリンク

「アメリカンカール」と「スコティッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アメリカンカール」と「スコティッシュ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、アメリカンカールとスコティッシュの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

アメリカンカールとは?

アメリカンカールとは、基本ミックスとの交配によって誕生した猫です。

1981年にこの原型となる猫がアメリカのカリフォルニア州で発見されました。

耳がカールした長毛の黒猫を保護すれば4匹の猫を出産します。

アメリカで発見された猫で、耳が丸まっていることがアメリカンカールと名づけられた由縁になります。

特徴としては、耳がかなり個性的な形をしているところ。

生後2日から10日になると耳に軟骨が入って、先端がカールした独特な形状になっていきます。

そんなアメリカンカールの被毛は短毛種とセミロングに分かれており、長毛種は艶があり、毛質はやわらかいベルベットのような手触りが特徴的。

下毛となるアンダーコートは少なく、短毛の方は上毛と下毛のダブルコートとなる毛質に分かれています。

性格は穏やかで賢く、人が好き。

小さな子供にも楽しく付き合えるフレンドリーなところは社交的な人間のようです。

愛情たっぷりに接するこの猫は、犬のような猫が飼いたいと思う人にぴったりです。

成猫の体長は40cmから50cmになり、体重はオスの場合約3.0から5.5kg、メスは約2.2から4.5kgにまで増えますが、猫としては小型の方になります。

スコティッシュとは?

スコティッシュとは、1960年代初頭にスコットランドから誕生した猫です。

ブリーディングを何度も行ったことで現在のような耳が外側にしっかり折れた白い猫が誕生しました。

目がかなり大きく、まん丸なこの猫の口元は「への字」に曲がっているのが印象的。

かなり甘えん坊な性格であり、人に甘えるためにスキンシップを求める姿がかわいらしいと評判です。

いつも人の姿が見える位置に座り、様子を見るところも特徴的。

おとなしく、運動量は少なくてすむ猫ですので、環境の変化にも適応するタイプですから引っ越しが多い人にぴったりです。

アメリカンカールとスコティッシュの違い

短毛種と長毛種のアメリカンカールに多い毛色がブラウンです。

最も一般的な毛色で、アンティーク家具のような気品を持ち合わせるブラウンカラーが幅広い年代に人気となっています。

また、グレーがかったブルーや暖色系のレッド、雪のように美しいホワイト、凛々しさを感じるブラック、優しさを感じるクリーム、都会的なシルバー、落ち着いたシール、黒と赤と白のキャリコと様々なカラーがあるのもスコティッシュとの違いです。

一方、スコティッシュの毛は短毛が多く、色はブルー、レッド、ブラックに加えて、三毛のキャリコ、縞柄のタビー、単色のソリッドから様々な組み合わせの固体が誕生しています。

また、アメリカンカールよりも運動量が少なくてすむのがスコティッシュという違いがあります。

アメリカンカールとスコティッシュの外見の違い

長方形のような小さめの耳をいつもピンと立てているのがアメリカンカールで、耳が内側に折れているのがスコティッシュという外見の違いがあります。

スコティッシュは耳のヒダが中に入り込んでいるため通気性が悪く、中に垢がたまりやすいので定期的な耳掃除が必要です。

まとめ

おおらかで陽気な性格のアメリカンカールは太りやすいため室内飼いではキャットタワーを活用し、歩けるスペースを作りましょう。

また、スコティッシュは人の姿が見えるところにクッションを置き、座れるようにしてあげれば、寂しくて鳴くことがなくなります。

楽しい猫との生活を楽しむためにも、初めて猫を飼う人はとくにその生態や性格、特徴などを詳しく学ぶことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典