「イカ」と「タコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「イカ」と「タコ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イカ」「タコ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「イカ」とは?

「イカ」の意味と概要について紹介します。

「イカ」の意味

「イカ」とは「軟体動物門・頭足綱・鞘形亜綱・十腕形上目に分類される、海に生息する軟体動物のこと」です。

「イカ」の概要

「イカ」は、生物学上では「タコ」と同じ「頭足類」ですが、「十腕形上目」に属しています。

知能が比較的高く、人間やイルカなど高度な知能を持つ動物にしかできない「鏡に映る自分の姿を自分であると認識できる」という能力があります。

「タコ」は岩場や砂地に住んでいますが、「イカ」は絶えず海中を泳いで移動しているのです。

最も大きな特徴として「イカ」には足が10本あることが挙げられます。

本来足ではなくて「腕」なのですが、「イカ」には8本の腕の他に「触腕」という特に長い2本の腕が付いています。

「タコ」とは?

「タコ」の意味と概要について紹介します。

「タコ」の意味

「タコ」「軟体動物門・頭足綱・鞘形亜綱・八腕形上目・タコ目に分類される、海に生息する軟体動物のこと」です。

「タコ」の概要

「タコ」は、生物学上では「八腕形上目・タコ目」に属しています。

知能が高いことで知られていて、容器のふたを開けたり、ものの順番を覚えたり、中には計算をする「タコ」も紹介されています。

「タコ」は基本的に岩場や砂地に生息して、海底をはい回る習性がありますが、泳ぐこともあります。

吸盤で吸い付くことや、スミを吐いて目くらましをすることでも有名ですが、最も大きな特徴は「8本の足」です。

また、タコは周囲の色に合わせて色を変える特徴もあり、海底の砂と同化していることもあります。

「イカ」と「タコ」の違い!

「イカ」「十腕形上目」に属してい足が10本の軟体動物です。

「タコ」「八腕形上目・タコ目」に属していて、足が8本の軟体動物です。

まとめ

今回は「イカ」「タコ」の違いをお伝えしました。

「イカは足が10本」「タコは足が8本」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典