スポンサーリンク

「エピローグ」と「プロローグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エピローグ」と「プロローグ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エピローグ」「プロローグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エピローグ」とは?

英語では“epilogue”で、ドラマや文学作品などの物語を終わらせる為に、物語の中からの視点で描かれた結末の部分のことです。

もともとは、ギリシャ語で「結語」を意味する“epilogos”が由来です。

日本語では、「結びの言葉」「序章」などで、物語の結末を表します。

また、演劇で「エピローグ」という場合は、劇の最後に俳優が観客に向かって述べる言葉を表します。

口上役が後日談などを語って、劇をまとめることから、「納め口上」とも呼ばれています。

「あとがき」は、作者本人が物語の解説などを書くもので、「エピローグ」とは違います。

「エピローグ」の使い方

物語の最後をまとめる言葉や文章、物語を指して使います。

「エピローグの形で、このエピソードを書きたい」や、「エピローグ曲」というようにも使用します。

「プロローグ」とは?

「エピローグ」の対義語で、物語や文章などの導入部分のことを指します。

英語では、“prologue”です。

ギリシア劇で、合唱団の「コロス」の登場に先立つ部分を表した“prologos”(プロロゴス)が由来です。

本編が始まる前に「プロローグ」が入ることにより、みる人を、物語の世界に引き込む働きがあります。

演劇では、口上役が物語の背景などを説明する「前口上」と呼ばれるパターンや、本編の前に別なシーンを入れ、「プロローグ」とするパターンがあります。

「プロローグ」の使い方

物語や、演劇などで、序章を指すときに使います。

また、序章を指すときにも使いますが、「この物語は、ある物語のプロローグとすべく書かれたものだ」というようにも使用します。

「エピローグ」と「プロローグ」の違い

「エピローグ」は、物語の終わりをまとめるもので、「プロローグ」は物語の導入部分の言葉をいいます。

この二つの言葉は対義語にあたります。

どちらも、物語に人を惹きつける為の工夫だといえます。

「エピローグ」の例文

・『あの映画のエピローグに出てくる俳優は誰なのかを教えてくれませんか』

・『アニメ最終回のエピローグは、10年後の未来になっていました』

・『自分の人生のエピローグには、どのような出来事が待っているのだろう。楽しみでもあり、不安でもある』

・『エピローグが印象的な小説』

「プロローグ」の例文

・『ショーのプロローグがあまりにも華やかで、一気に引き込まれてしまいました』

・『プロローグが長すぎて、本編が始まる前に眠ってしまった』

・『もしも、プロローグでの説明がなかったら、あの映画は難解なものになってしまったでしょう』

・『衝撃的なプロローグで語られた物語と、本編はどこで結びついていくのか。考えながら読んでいく』

まとめ

「エピローグ」とは、「プロローグ」の対義語にあたる言葉でした。

言葉の違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典