スポンサーリンク

「オフサイト会議」と「オンサイト会議」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフサイト会議」と「オンサイト会議」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフサイト会議」「オンサイト会議」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフサイト会議」とは?

「オフサイト会議」は、「社外の会議室など、職場から離れた場所で行う会議のこと」です。

「オフサイト」は英語で“off-site”と書き、「離れた場所」という意味です。

いつもの職場から離れた場所で、いつもとは全く違う雰囲気の中で会議を行うことを言います。

職場から離れているので、日常業務に煩わされることもなく、議論に集中できるメリットがあります。

ただし、会議室の予約や準備、参加者の日程調整などが面倒になるというデメリットもあるのです。

「オンサイト会議」とは?

「オンサイト会議」は、「社内で行う会議のこと」です。

「オンサイト」は英語で“on-site”と書き、「現地、現場」という意味です。

社内の会議室や職場の打ち合わせスペースなど、声をかければすぐに集まれる職場内で会議を行うことを言います。

移動に時間がかからず、参加者が揃っていれば時間に関係なくすぐに始められるというメリットがあります。

ただし、他部署からの呼び出しや顧客からの電話などで席を外さなければならないことも多く、効率が悪いというデメリットもあります。

「オフサイト会議」と「オンサイト会議」の違い!

「オフサイト会議」「社外の会議室など、職場から離れた場所で行う会議のこと」です。

「オンサイト会議」「社内で行う会議のこと」です。

まとめ

今回は「オフサイト会議」「オンサイト会議」の違いをお伝えしました。

「オフサイト会議は社外」「オンサイト会議は社内」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典