スポンサーリンク

「オフショア」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフショア」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフショア」の意味を分かりやすく説明していきます。

仕事場でよく聞く言い回しを、覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「オフショア」とは?意味

オフショアとは、海外のこと。

本拠地や本社を、海外にうつすという意味があります。

そのためIT業界や不動産投資、節税対策など色々なシーンで使われています。

知っておいて損のない言葉なので、正しく知識を身に付けておきましょう。

オフショアは英語の「Offshore」から来ています。

英語のオフショアには「向こう岸」という意味があります。

そこから「海外で活動すること」をオフショアと呼ぶようになりました。

ちなみにサーフィンの世界のオフショアは「波乗りにふさわしい、最高のコンディション」のこと。

いい波にのれるように、追い風となってくれるものがオフショアです。

色々な業種で使われ始めている流行語なので、正しい訳をおさえていきましょう。

「オフショア」の概要

オフショアは業種によって、微妙に訳が変わってきます。

金融業界で「オフショア」というと、タックスヘイブンのように「租税回避地」をあらわします。

租税回避地というのは、税金が安くすむエリアや国のこと。

そのため大企業の中には節税対策のひとつとして、オフショア法人をつくっている所もあります。

またIT業界のオフショア開発とは、海外の企業にシステムの開発やサポート業務を委託すること。

海外の企業に、ITのサポートをお願いする行為をさします。

そして不動産業界のオフショアは海外の土地や建物に、日本国内から投資をおこなうことをあらわしています。

国内のマーケットを飛び出して、海外のマーケットで取引をおこなうことが「オフショア」です。

オフショアのメリットはコストを削減でき、海外に目を向けてグローバルな投資をおこなえることです。

うまく活用していけば、自社に有利な取引をおこなっていけます。

「オフショア」の言葉の使い方や使われ方

「オフショア」はこのように用います。

・『久しぶりの釣り。オフショアで最高の魚を釣り上げた』
・『大企業が資産の多くを、オフショアに移したことが問題になっている』
・『オフショアの生命保険に入らないか、担当者から提案を受けた』
釣りのオフショアとは、沖合のこと。

海岸から離れたエリアで、釣りを楽しむことです。

また「オフショアの生命保険」は海外の生命保険を指しています。

投資目的ではいる保険をあらわします。

「オフショア」の類語や言いかえ

「オフショア」はこのような言葉に、言いかえできます。

・海外
・沖合
・租税回避地
・国外の投資や開発
オフショアは色々な分野で使われていますが、基本的には「海外の・国外の」という意味があります。

その場にあった代用の言葉を、選んでいきましょう。

まとめ

「オフショア」の意味と使い方をおさらいしました。

「オフショア」「海外」という訳があります。

釣りでは沖をあらわします。

金融業界ではタックスヘイブンのように、租税回避エリアをオフショアと呼んでいます。

色々な業界が注目している、重要な言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典