スポンサーリンク

「カウンセリング」と「相談」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カウンセリング」と「相談」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カウンセリング」「相談」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カウンセリング」とは?

「カウンセリング」の意味と使い方について紹介します。

「カウンセリング」の意味

「カウンセリング」とは「日常での悩みや問題のある人に対して、心理学的な見解に基づいて援助すること」という意味です。

「カウンセリング」の使い方

「カウンセリング」は、仕事や学業、人間関係など、悩みや問題のある人に対して、心理学を基本にして、療法や技法を行い、改善を図ることを言います。

「カウンセリング」は英語の“counseling”が日本語化した言葉で、「相談、助言」という意味ですが、より専門的なものに対して使われます。

基本的に、訓練を受けて資格を取得した「カウンセラー」と呼ばれる人が、援助を必要とする人の話を聞き、心理学に基づいてどの様な療法を行えば良いのかを判断して、実際に進めていきます。

「相談」とは?

「相談」の意味と使い方について紹介します。

「相談」の意味

「相談」「そうだん」と読みます。

意味は、「問題解決の為に人と話し合ったり、意見を聞いたりすること」です。

「相談」の使い方

「相談」は、悩み事や問題がある人が、人に話すことにより、相手の知識や経験に基づいた意見や助言を受けることを言います。

日常的な様々なことに対して使われ、恋愛や夫婦関係、育児や健康の悩みなど、非常に幅広くなります。

「相談」をする相手は、組織や団体などの「相談員」のこともあれば、「友人・知人」のこともあります」 様々な悩みに対して、相談された人の経験上「こうすればいいのでは」とアドバイスします。

直接的に悩みを解決させることを目的としていて、その人の心理まで掘り下げるものではありません。

「カウンセリング」と「相談」の違い!

「カウンセリング」「専門のカウンセラーが、心理学的な見解に基づいて援助すること」です。

「相談」「問題解決の為に人と話し合ったり、意見を聞いたりすること」です。

まとめ

今回は「カウンセリング」「相談」の違いをお伝えしました。

「カウンセリングは心理学が基本」「相談は知識と経験上」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典