スポンサーリンク

「ガンシカ」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガンシカ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガンシカ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガンシカ」の意味

ナンパ用語。

声をかけた女性に、完全に無視されること。

「ガンシカ」の解説

「ガンシカ」はナンパ師の間で用いられる用語です。

声をかけた女性に、返事すらされず、無視されることを表します。

「頑強なシカト」が省略された言葉です。

少しでもリアクションがあった場合は「ガンシカ」とはなりません。

一言も発さず、立ち止まりもせずに、相手の女性が去ってしまった場合に「ガンシカ」が適用されます。

「ガンシカ」の使われ方

ナンパ師目線の言葉ですので、「さっき声かけた女の子にガンシカされた」など、受け身での使われ方が多い言葉です。

「ガンシカする」といったように、シカトをする立場からの使われ方は、あまり見られません。

ナンパ師界隈で使われることが圧倒的に多い言葉です。

「ガンシカ」の例文

「今日は声かけた子、全員ガンシカ。全然だめだわ」「タイプの子がいたのにガンシカ決められた」

「ガンシカ崩せるようにオラオラ行こうと思う」

5「ガンシカ」の関連語・対義語

「ガンシカ」の対義語は「オープン」です。

相手が会話をしてくれる状態を指します。

「ガンシカ」の状態から、会話に応じてくれる「オープン」状態までリカバリーすることを「ガンシカ崩し」と呼びます。

ガンシカは、ナンパ師にとっては精神的にこたえる状況です。

その逆境から女性の心を開く「ガンシカ崩し」のテクニックを得ることはナンパ師にとっての目標で、コミニュケーション方法を指南する動画などが多くアップされています。

また、ガンシカ状態からオープンするために、ついていって話しかけ続けることを「並行トーク」と呼びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典