スポンサーリンク

「キャジラ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャジラ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャジラ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャジラ」とは?意味

「キャジラ」は、立体映像により作り出された巨大な猫のことで、ゴジラと猫であるキャットをかけた造語になります。

なお、この巨大な猫の立体映像は、新宿に登場した4Kの大型の投影装置により映し出され、初の立体映像作品の実験用コマーシャルとして採用された三毛猫です。

「キャジラ」の概要

「キャジラ」は、映画バックトゥザフューチャーなどに登場した立体映像の広告のことで、実は日本が初めて立体映像に成功したわけではありません。

中国では早期に成功をしており、大きなクジラだったり、スタートレックの宇宙船のような物だったりを立体映像に成功しています。

一方で日本は遅れる形で、立体映像に成功しており何故出遅れた立体映像作品なのに注目を世界中から浴びたかというと、ねこが可愛らしくかつ、本物のように動いたから注目を浴びたのです。

なお、「キャジラ」の映像制作にあたって如何に猫らしく見えるかを追究した結果4K湾曲ディスプレイを採用する形に至っており、実は、「キャジラ」はハードウェアであるディスプレイも特注であるが故どの角度から見ても可愛らしいねこに見えるよう工夫がされています。

「キャジラ」の言葉の使い方や使われ方

「キャジラ」は、立体映像で作られた巨大な猫に対して使用する言葉で、もしくは、ねこが巨大化した漫画やアニメ作品にも使用します。

「キャジラ」を使った例文

・『キャジラの公開は、2021年の7月1日に公開されている』
この例は、「キャジラ」が日本でいつ頃に公開されたかということに対する答えです。

「キャジラ」は、2021年に新宿にて公開されたCMで立体映像のCMのテストに使用されている猫のテスト用CGになります。

なお、今現在も絶賛3Dの立体視のテスト用のCGとして活躍をしており、2021年の10月の1日から新しいテスト用CGアニメーションが公開されています。

まとめ

「キャジラ」は、立体映像のテスト用のCGなのですが、出来が良い点、可愛らしい点が世界中から注目を浴びるきっかけになり広がりを見せた一種のコンテンツです。

なお、立体映像というコンセプト自体は実は漫画などでは既に実行されておりすでに定着した技術のように描かれていますが、今現在の技術においては豪華な4Kの液晶を用いて人間の目の錯覚を利用して立体映像を作り出しているにすぎず、360度映像を投影するタイプは、下側から投影物を映写することでしか未だ立体視に成功していません。

その為、バックトゥザフューチャーの立体視は実はできない立体視であると言われており、その理由は営造物の投影が技術的に不可能であり撮影物に対し後からCGで加工を入れただけに過ぎないという事実があります。

しかし、技術力が上がれば、360度投影された立体映像の物体が目の前に現れるという未来は遠い未来ではないかもしれないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典