スポンサーリンク

「キュン死」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キュン死」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キュン死」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キュン死」の意味

胸がときめいて締め付けられ、心臓が止まりそうになる様子。

「キュン死」の解説

「キュン死」「きゅんし」と読みます。

意味は「胸がときめいて締め付けられ、心臓が止まりそうになる様子」です。

相手に対して愛情を感じ、ドキッとして思わず心臓が止まりそうになることを表します。

ただときめくだけではなく、死にそうに感じる程相手に対して好意を持っている時の表現です。

「キュン死」「キュンキュンして死ぬ」を略した言葉で、「キュンキュン」「胸が締め付けられる程相手に対して好意を感じること」という意味です。

元ネタは、人気漫画「ラブ☆コン」に出てくるセリフと言われています。

「キュン死」の使われ方

「キュン死」は、相手に対して好意を持ち、胸がときめいてどうしようもない状態に使われます。

男女関係無く異性に対して恋愛感情を持っている時に使われますが、中にはペットや子供など、可愛らしい人や物に対して使われることもあります。

「彼女の仕草にキュン死状態」「子猫を飼い始めて、もうキュン死!」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典