スポンサーリンク

「ギャング」と「暴走族」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ギャング」と「暴走族」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ギャング」「暴走族」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギャング」とは?

「ギャング」とは、英語では“gang”と綴ります。

意味は、犯罪者のグループのことで、特にアメリカにおいて、組織的な暴力的犯罪者の集団のことを言います。

「ギャングエージ」という言葉がありますが、これは「ギャング」とは違います。

「ギャングエージ」の場合は、9~12才程度の子供のことで、仲間意識が急速に発達して、家族よりも友達との価値観を優先させる様子からこのような言い方をします。

乱暴、いたずらなどを好むといった特徴がありますが犯罪ではありません。

「ギャング」「ギャングエージ」を混同しないように注意してください。

「暴走族」とは?

「暴走族」とは、バイク、改造車などを集団で乗り回し、騒音、危険な走行などで周囲に迷惑をかける者たちを言います。

暴走行為というのは、それ自体がルール違反ですし、騒音は近所迷惑ですので「暴走族」は嫌われ者であり、近づいたら危険と見られています。

「あの家の息子、グレて暴走族になってしまった」「彼はああ見えて若い頃、暴走族に入っていたそうだ」などと、使います。

「ギャング」と「暴走族」の違い!

「ギャング」「暴走族」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも善良な一般市民とは言い難い人たちのことですが、意味が違いますので、混同しないように気をつけてください。

「ギャング」とは犯罪者グループのことを言います。

アメリカにおいては、組織的な犯罪者の集団という意味合いです。

つまり複数人数において、犯罪行為をしている者が「ギャング」ということになります。

一方の「暴走族」とはバイクや車を集団で乗り回し、周囲へ迷惑をかける者のことです。

必ずしも犯罪者というわけではありませんが、暴走行為の果てに人を傷つけるようなことがあれば、犯罪者となることもあるでしょう。

まとめますと「ギャングは犯罪者グループ」「暴走族は集団でバイク、車を乗り回し、周囲へ迷惑をかける者」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ギャング」「暴走族」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、区別がつくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典