スポンサーリンク

「ケアレスミス」と「ヒューマンエラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ケアレスミス」と「ヒューマンエラー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ケアレスミス」「ヒューマンエラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ケアレスミス」とは?

「ケアレスミス」の意味は以下の通りです。

1つ目は「不注意による誤り」という意味で、よく指示を読まなかったり、手元が狂ったりして起きる軽率な間違いのことを言います。

2つ目は「勘違いによる失敗」という意味で、数字を読み間違えたり、言葉を聞き間違えたりして起きるそそっかしい間違いのことを言います。

上記に共通するのは「軽率な間違い」という意味です。

「ケアレスミス」は和製英語で、正しくは“careless mistake”になります。

“careless”「不注意な」「軽率な」「うかつな」という意味、“mistake”「誤り」「間違い」「失敗」という意味です。

「ケアレスミス」の使い方

「ケアレスミス」「不注意による誤り」「勘違いによる失敗」という意味で使われます。

日本語では名詞・形容動詞として「ケアレスミスだ・である」と使われたり、副詞として「ケアレスミスで」と使われたりします。

基本的に、知識や能力の不足ではなく、よく確認しない為に起きる間違いや失敗に使われる言葉です。

「ヒューマンエラー」とは?

「ヒューマンエラー」は、「人が原因となって生じる誤りや間違い」という意味です。

人が義務や責任を負っている時に、するべきことをしなかったり、或いはするべきでないことをしたりしりなど、人の行為により意図しない結果につながってしまうことを言います。

「ヒューマンエラー」は英語の“human error”が日本語化した言葉で、“human”「人間」「人類」という意味、“error”は意図しない「誤り」「過失」「間違い」という意味、「human error」「人為的過失」になります。

「ヒューマンエラー」の使い方

「ヒューマンエラー」「人が原因となって生じる誤りや間違い」という意味で使われます。

日本語では「ヒューマンエラーだ・である」と使われたり、副詞として「ヒューマンエラーで」と使われたりします。

基本的に、人の行為により生じる、意図しない間違いや失敗に使われる言葉です。

「ケアレスミス」と「ヒューマンエラー」の違い

「ケアレスミス」「知識や能力の不足ではなく、よく確認しない為に起きる間違いや失敗」という意味です。

「ヒューマンエラー」「人の行為により生じる、意図しない間違いや失敗」という意味です。

「ケアレスミス」の例文

・『ケアレスミスで過剰請求してしまった』

・『ケアレスミスでドル換算を間違えてしまった』

・『ベテランでもケアレスミスすることはある』

・『二重チェックでケアレスミスを防ぐ』

「ヒューマンエラー」の例文

・『ヒューマンエラーによりサーバーがダウンした』

・『この停電は完全にヒューマンエラーだ』

・『この納品ミスは完全にヒューマンエラーだ』

・『ヒューマンエラーにより予約状況が混乱している』

まとめ

今回は「ケアレスミス」「ヒューマンエラー」について紹介しました。

「ケアレスミス」「不注意によるミス」「ヒューマンエラー」「人為的過失」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典