「サウスポー」と「オーソドックス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サウスポー」と「オーソドックス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サウスポー」「オーソドックス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サウスポー」とは?

「サウスポー」の意味と概要について紹介します。

「サウスポー」の意味

「サウスポー」とは「スポーツ競技における左利き選手や、楽器演奏における左利きの演奏者のこと」です。

「サウスポー」の概要

「サウスポー」とは、「レフティ」「レフトハンデッド」などと呼ばれ、左利きの人のことを言います。

英語で“south”「南」“paw”「動物の前脚」という意味ですが、語源は明らかではありません。

「サウスポー」は、右利きに比べて割合が少ない為に、相手がやりにくいと感じることから、スポーツでは有利とされています。

但し、楽器など右利きを基本として作られているものを使う場合は、左利き用に特別注文しなければならず、費用や時間がかかったりします。

尚、「オーソドックス」に対する「サウスポー」は、ボクシングで左構えの選手のことを言い、右足を前に出す構え方をします。

ボクシングでは、肝臓が右側にある為に、対面して左側から狙い易いことからこちらも有利とされています。

但し、相手が嫌がり練習しにくいなどの理由により、右利きに直す選手も多いのです。

「オーソドックス」とは?

「オーソドックス」の意味と概要について紹介します。

「オーソドックス」の意味

「オーソドックス」「正統であること」という意味です。

「オーソドックス」の概要

「オーソドックス」は、英語の“orthodox”が日本語化した言葉で、正統であることを言います。

日常会話でもごく正統な主張に対して「オーソドックスな考え方」と使われます。

ボクシングにおいて「オーソドックス」は右構えのことで、右側が後ろに下がり、右に半身を向けた状態のこととです。

一般的に右からパンチを撃とうと思うと右側を一旦下げる構えをするもので、基本的な構え方になります。

「サウスポー」と「オーソドックス」の違い!

「サウスポー」「スポーツや楽器演奏などで、左利きのこと」です。

「オーソドックス」「正統であること」「ボクシングで右利きの構えのこと」です。

まとめ

今回は「サウスポー」「オーソドックス」の違いをお伝えしました。

「サウスポーは左利き」「オーソドックスは正統派、又はボクシングでの右構え」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典