スポンサーリンク

「サマライズ」と「サマリー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サマライズ」と「サマリー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サマライズ」「サマリー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サマライズ」とは?

「サマライズ」とは、「長い文章(原稿)を要約すること・要点をまとめること」を意味している動詞の言葉です。

「サマライズ(“summarize”)」という英語由来の動詞は、「長い文章・大規模なデータを要約してまとめること」を意味しています。

ウェブ分野での「サマライズ」は、「個別のデータを集計・解析してグラフや表にする」といった意味合いがあります。

「サマリー」とは?

「サマリー」とは、「長い文章・大規模なデータなどを集計あるいは要約したもの」を意味している名詞の言葉です。

「サマリー(“summary”)」という英語に由来する名詞は、「要約・要点・要旨」を意味しているのです。

ウェブ分野における「サマリー」は、「一つ一つのデータを集計・解析してグラフ・表にしたもの」「データの傾向を一覧できるようにした画面・文書」を意味しています。

「サマライズ」と「サマリー」の違い!

「サマライズ」「サマリー」の違いを、分かりやすく解説します。

「サマライズ」「サマリー」はどちらも「長い文章(大きなデータ)の要約に関連する言葉」ですが、「サマライズ」「要約する・まとめるを意味する動詞」であり、「サマリー」「要約・要点・要旨を意味する名詞」であるという品詞の違いを指摘できます。

またウェブ用語としては、「大規模なデータをサマライズしたものが、そのデータの概況・傾向を一覧できるグラフ・表・文章などのサマリー(要約したもの)になる」といった違いもあるのです。

まとめ

「サマライズ」「サマリー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「サマライズ」とは「要約する・要点をまとめる・データを一覧可能なグラフ(表)にするの動詞」を意味していて、「サマリー」「要約・要点・要旨・データを一覧できるグラフ(表)の名詞」を意味している違いがあります。

「サマライズ」「サマリー」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典