スポンサーリンク

「サークルクラッシャー」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サークルクラッシャー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サークルクラッシャー」の意味を分かりやすく説明していきます。

よく聞くトレンド語を、楽しく学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「サークルクラッシャー」とは?意味

「サークルクラッシャー」とは、人間関係にヒビを入れるような、あざとい人のこと。

仲良しの友達同士を絶縁させる、小悪魔のようなメンバーです。

サークルクラッシャーは社会人サークル、大学のサークル、同級生同士のグループなど、色々なところに出没します。

初対面の時に悪さはしないので、第一印象はとても良い人に思えます。

けれども仲良しになっていくにつれて、化けの皮が?がれていきます。

恋愛感情むき出しで迫ってくるので、告白しては別れ、飽きるとまた次の人を見つけていきます。

男女のもつれを生み出すのがとても上手いので、周囲の人間関係はガラスのようにヒビ割れていきます。

関係ない人まで巻き込んでしまうのが、サークルクラッシャーの恐ろしさです。

「サークルクラッシャー」の概要

サークルクラッシャーには「破壊者」という訳があります。

恋愛関係のもつれや同性同士のトラブルから、トラブルメーカーになっていきます。

輪をかき乱す人、自分勝手なおこないをする人です。

サークルクラッシャーがいると、そのコミュニティはボロボロになり、いずれは解散に追い込まれてしまいます。

サークルクラッシャーらしき人を見かけたら、あまり深入りしないことも大切。

平和な道を歩めるように、関わりをもたないことが1番です。

「サークルクラッシャー」の言葉の使い方や使われ方

「サークルクラッシャー」はこのように用います。

・『新しく入って来た子、サークルクラッシャーっぽいよ。色目を使われないようにね』
・『サークルクラッシャーに翻弄されて、チームは解散した』
・『あの子がサークルクラッシャー?人は見かけによらないね』 「サークルクラッシャー」は異性の心をもてあそぶ人のこと。

そのため大学のサークルや会社、アルバイト先で使います。

サークルクラッシャーは見るからに悪女という人がなる訳ではなく、純粋で素朴な人がなることもあります。

「サークルクラッシャー」の類語や言いかえ

「サークルクラッシャー」の類語には、次の言葉もあります。

・破壊者
・コミュニティクラッシャー
「サークルクラッシャー」「破壊者」といいます。

また社会的なつながりを壊してしまうので「コミュニティクラッシャー」と呼ばれることもあります。

サークルクラッシャーよりも悪質で、嘘をついたりマウントを取ったりして、チームワークを乱していきます。

まともに向き合いたいくない、危険な人物です。

まとめ

「サークルクラッシャー」の意味や使い方をおさらいしました。

サークルクラッシャーとは、人間関係を壊してしまう男女のこと。

恋愛感情を持ち込んで、平和な空気を乱してしまう人をさします。

サークルクラッシャーの気配を感じたら、あまり深入りしないことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典