スポンサーリンク

「スカーフ」と「ハンカチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スカーフ」と「ハンカチ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スカーフ」「ハンカチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スカーフ」とは?

「スカーフ」は英語の「scarf」をカタカナにした外来語です。

一般的に女性がおしゃれを楽しむ時に身につけることが多い正方形の布で、絹、綿、麻、ウール、ポリエステルが素材として使用されています。

「スカーフ」は、頭にかぶったり、首に巻いたり、もしくは肩にかけて使うものですが、場合によっては腰に巻いたり、バックに結んだりしておしゃれなアクセントとして使うケースもあります。

軽くて荷物にならないスカーフは、旅行に行く時に持って行くと便利です。

さて首に巻く布「ネッカチーフ」という布もありますが、こちらは「スカーフ」より小さく、寒さをしのぐために首に巻くものとされています。

他にも「ストール」と呼ばれる大きめの布がありますが、これはおしゃれなアイテムとしてだけではなく、防寒の役目も果たします。

「ハンカチ」とは?

「ハンカチ」は英語の「handkerchief」(ハンカチーフ)の略です。

昔は「ハンケチ」と表記することもありましたが、現在では「ハンカチ」と書くのが一般的です。

なお日本語では「手巾」(しゅきん)ですが、この言葉を知っている人は現在ではそれほど多くありません。

「ハンカチ」は小さな布で、日本では手を洗った後に拭いたり、汗を拭いたり、涙を拭いたりするのに使います。

実用さが大切なので素材は綿が好まれています。

幼稚園の頃から、「ハンカチ」「ティッシュ」を携帯するのをマナーとされている日本では、数多くのハンカチが売られています。

しかし欧米ではハンカチを常に持ち歩いている人は少数派で、ハンカチを買おうと思って探しても、それほど種類は多くありません。

またハンカチの使い方も日本とは異なります。

はなをかむ時にも使う人もいて、はなをかんだ後にポケットにしまいこみ、またはなをかむ時にそれを取り出して使っているのです。

それらの光景を見ると、日本人ならゾッとしてしまいます。

「スカーフ」と「ハンカチ」の違い

「スカーフ」「ハンカチ」の違いを、分かりやすく解説します。

「スカーフ」「ハンカチ」はどちらも布製のものです。

「スカーフ」「ハンカチ」よりも大きく、主に装飾としての目的で使われます。

しかし「ハンカチ」は、手を洗った後に拭いたり、汗を拭いたりと実用的な布として使われているものです。

もちろん人によっては大きめの「ハンカチ」「スカーフ」のように使う人もいます。

他にも「バンダナ」という布がありますが、これは絞り染めや更紗模様で染めた木綿の布です。

首に巻いたり、頭に巻いたりして使うだけではなく、「ハンカチ」のように使うこともできます。

まとめ

「スカーフ」「ハンカチ」はどちらも外来語ですが、どちらも日本人の生活にすっかり馴染んでいる言葉です。

ブランド製の「スカーフ」は高価な値段ですが、「ハンカチ」はブランド製のものでも比較的手頃な金額なので、プレゼントとして人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典