スポンサーリンク

「スピリット(spirit)」と「ソウル(soul)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スピリット(spirit)」と「ソウル(soul)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スピリット(“spirit”)」「ソウル(“soul”)」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スピリット(spirit)」とは?

「スピリット(“spirit”)」とは、「精神・霊・心」「身体と対を為している精神・目に見えない大切な何か」を意味している言葉です。

「スピリット」には、「師匠のスピリットを引き継ぐ」のように「その人が死んでも受け継がれる信念・理想・理念」といった意味のニュアンスもあります。

「ソウル(soul)」とは?

「ソウル(“soul”)」とは、「霊魂・死後にも残る魂・感情」「自己アイデンティティ・愛着・信念と関係している感情的な要素」を意味している言葉です。

「ソウル」には、「ソウルメイト・ソウルフード」のように「その人本人の自己アイデンティティーや好き嫌いと強い関係がある感情的要素」といった意味のニュアンスが含まれているのです。

「スピリット(spirit)」と「ソウル(soul)」の違い!

「スピリット(“spirit”)」「ソウル(“soul”)」の違いを、分かりやすく解説します。

「スピリット(“spirit”)」「ソウル(“soul”)」はどちらも「死後にも存在する目に見えない霊的なもの」を意味していますが、「スピリット」とは「身体と対になっている精神(精神作用)・目に見えない大切な何か・人から人に受け継がれる霊的(心理的)なもの」を意味しています。

「スピリット」に対して「ソウル」というのは、「(宗教信仰とも関わる)死後にも残る霊魂」「自己アイデンティティー・信念と関わる感情的な要素」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「スピリット(“spirit”)」「ソウル(“soul”)」」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「スピリット(“spirit”)」とは「精神・霊・心」「身体と対を為す精神・目に見えない大切なもの」を意味していて、「ソウル(“soul”)」「霊魂・魂・感情」「感情的な要素が強くて自己アイデンティティと関係するもの」を意味している違いがあります。

「スピリット(“spirit”)」「ソウル(“soul”)」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典