スポンサーリンク

「ソリューション」と「プロジェクト 」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソリューション」と「プロジェクト 」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

例えば、コンサルティングの仕事をしていると、常に要求されるのが問題点に対する「ソリューション」の策定です。

それは、通常は、現状分析から始まり、共通の要因を取り出し、それらに対する課題を明らかにすることで、策定できます。

そして、「ソリューション」が明確になったら、それを実行するための「プロジェクト」が組織されることになります。

それでは、ここで使用した、「ソリューション」とか、「プロジェクト」とはどのような意味でしょうか。

それらの違いはなんでしょうか。

この記事では、「ソリューション」「プロジェクト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソリューション」とは?

「ソリューション」とは、英語の「solution」から来た言葉であり、意味は「解決方法」です。

一般的には、「問題点や課題点を解決するための方法」を定義したものです。

「プロジェクト」とは?

「プロジェクト」とは、英語の「project」から来た言葉であり、意味は「何かを達成するための計画」あるいは、「何かを推進するための方法」です。

通常は「プロジェクトチーム」を編成し、「プロジェクトリーダー」「プロジェクト目標」を達成するために協力することで成立します。

既にビジネス用語として日本語の一つになっています。

「プロジェクト」を推進するために「タスク」と言うより小さな作業単位を設けることもあります。

「ソリューション」と「プロジェクト」の違い

「ソリューション」「プロジェクト」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、もともとは英語であり、問題解決の手法の中で使われる言葉であるという部分では同じですが、実際の意味は全く違います。

簡単に言えば、「ソリューション」「解決方法」であり、「プロジェクト」「実施方法」です。

つまり、「ソリューション」と言うゴールに向かってチームで乗り込む「電車」「プロジェクト」だと入っても良いでしょう。

この2つはは全く関連なく使用することもできます。

「ソリューション」の例文

「ソリューション」の例文は以下のようになります。

・『営業成績の低迷を打破するためのソリューションをみんなで考えましょう』
・『このエラーが起きた時のソリューションは、過去の報告から明確に決められています』

「プロジェクト」の例文

「プロジェクト」の例文は以下のようになります。

・『この案件の成立のためのプロジェクトチームへの参加を求められています』
・『プロジェクトに必ず必要なのはプロジェクトリーダーですが、必ずしも人事的な管理職でなくても構いません』

まとめ

この記事では、「ソリューション」「プロジェクト」の違いを、解説してきました。

課題に対する「ソリューション」を実施するための「プロジェクト」がカバーする範囲は、通常は「ソリューション」の実施だけではなく、その後の効果の検証まで含まれることが多いでしょう。

そのような「プロジェクト」を成功させるために最も重要なももの一つが、チームワークであると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典