スポンサーリンク

「ソリューション事業」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソリューション事業」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソリューション事業」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソリューション事業」とは?意味

「ソリューション事業」「ソリューション」は英語の「solution」から来ているカタカナ語で、日本語では「問題解決」と訳されています。

従って「ソリューション事業」とは「問題解決型の事業や、ビジネス」を意味する言葉となります。

「ソリューション事業」の概要

「ソリューション事業」とは、前項で記載した「問題解決型の事業や、ビジネス」を意味する言葉で、IT系ビジネスでよく使用される言葉です。

しかし、この言葉は何もIT系ビジネスに限定して使用されるべきものではなく、非常に広範なビジネスにおいて使われる言葉です。

従来のビジネスでは、製品やサービスを提供する企業は、いかに品質が良くて、かつ安価な製品やサービスを顧客に提供するかを競って来ました。

しかし、ものやサービスが溢れる時代になり、従来型のビジネスのやり方では、顧客への販売は難しくなって来たのです。

そこで、新たなビジネスの形態として登場したのが、「顧客の困っている問題や課題を解決する」という考え方を、ビジネスの中心に据えた「ソリューション事業・ビジネス」なのです。

顧客が顕在的もしくは潜在的に、困っていることを解決できる製品やサービスを開発し、それを明確に提案して製品やサービスを提供する点が、従来の事業とは異なる点といえます。

ちなみに、「ソリューション」という言葉は、アメリカのIBMが1987年の経営計画の中で、コンピューターを納入する際の顧客サービスについて使用したのが、最初だとされています。

蛇足ですが、IBMでは、この方針を強化した結果、コンピューターとは直接関係ないコンサルタント事業のウエートも大きく高まりました。

上記の様に、「ソリューション事業」は多くの業種で取り入れられている考え方のため、IT系企業においては「ITソリューション」、またコンサルタント企業では「ビジネスソリューション」と表現して、区別するケースもあります。

「ソリューション事業」の言葉の使い方や使われ方

「ソリューション事業」の言葉は、以下の例の様に使われます。

・『旧態依然とした事業を脱却し、ソリューション事業への転換を図らないと、当社はじり貧となってしまいます。』

・『メーカーであっても、ソリューション事業に転換する事が重要ですが、これはそう簡単なことではありません。』

「ソリューション事業」の類語や言い換え

「ソリューション」は日本語では、「問題解決」「課題解決」「解決策」「解決方法」と表現する事が出来、従って「ソリューション事業」「問題解決型事業」「課題解決事業」「解決策提案事業」「解決方法提案事業」などと言い換える事が出来ます。

まとめ

「ソリューション」は英語の「solution」から来ているカタカナ語で、日本語では「問題解決」と訳されています。

従って、「ソリューション事業」とは「問題解決型の事業や、ビジネス」を意味する言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典