スポンサーリンク

「チャンネル権」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャンネル権」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チャンネル権」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チャンネル権」とは?意味

「チャンネル権」とは、「テレビで自分の好きなチャンネルの番組を視聴できる権利」を意味しています。

「チャンネル権」「チャンネル争いの決着をつけられる権利」でもあり、チャンネル権を持つ人が見ると決めた番組にチャンネルを合わせることになります。

「チャンネル権」という言葉は、家庭のテレビ保有台数が増えたりインターネット(動画配信サイト)が普及したりした現代ではあまり使われなくなっています。

しかし、昭和期ほどの「チャンネル権を巡るチャンネル争い」はなくなっても、現代でも「リアルタイムで見たいテレビ番組のチャンネル権を巡る争い」は残っているのです。

「チャンネル権」の概要

「チャンネル権」というのは、「昭和期の家庭において問題になることが多かったチャンネル争いに関連する言葉」です。

「チャンネル権」の言葉は、「その人が見たいと思っているチャンネルのテレビ番組を見ることができる権利」を示唆しています。

一家に一台しかテレビを保有していない家庭が多かった昭和の時代には、「チャンネル権を巡る家族間・きょうだい間の争い」が多く見られていました。

時に「チャンネル権」を巡る激しい口論・対立などが激化して、家族間やきょうだい間の殺人・傷害事件(1978年の埼玉県与野市で起きた中学生の兄が妹をチャンネル争いの末に殺した殺人事件など)にまで発展することさえあったのです。

「チャンネル権」の使い方や使われ方

「チャンネル権」は、「テレビのどのチャンネルの番組を見るのかを決められる権利」を意味して使われる言葉です。

一世帯あたりのテレビの保有台数増加やインターネットの普及によって、「チャンネル争い」を前提とする「チャンネル権」という言葉は使われる頻度は減りました。

しかし、現代でも「自分が見たいテレビ番組を見ることができる権利」の意味合いで、「チャンネル権」の表現を使うことはできます。

「チャンネル権」を使った例文(使用例)

・『祖父が存命の間は家庭のチャンネル権を握っていたので、祖父に気に入られていた私は好きな番組を見ることができました。』

・『昭和の時代にはインターネットやYouTubeもなかったため、チャンネル権を巡る兄弟姉妹の争いが熾烈でした。』

・『チャンネル権は常に母が持っていて一日の視聴時間も決まっていたので、母の許可を得なければ好きなアニメ番組を見ることができませんでした。』

「チャンネル権」の類語や言い換え

「チャンネル権」の類語・言い換えには、以下のような言葉があります。

・『チャンネル争い』……自宅でどのチャンネルのテレビ番組を見るのかを巡っての争い。

・『テレビ番組の選択権』……家族などと見たい番組が異なっている場合に、自分が見たい番組を他の人よりも優先的に選んで視聴できる権利。

まとめ

「チャンネル権」の意味や概要、使い方などについて説明しましたが、いかがでしたか。

「チャンネル権」とは、「自宅のテレビのチャンネルを、自分が見たい番組に合わせられる権利」を意味している言葉です。

「チャンネル権」の意味や使われ方についてリサーチしたい場合は、この記事の解説を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典