「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「テレワーク」と「リモートワーク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「テレワーク」「リモートワーク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「テレワーク」とは?

「テレワーク」の意味と概要について紹介します。

「テレワーク」の意味

「テレワーク」は、「情報通信技術を利用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のこと」です。

「テレワーク」の概要

「テレワーク」は、“tele”(離れた所)」“work”(働く)」を組み合わせた造語で、「離れたところで働く」という意味です。

英語として存在はしていますが、海外では“work from home”が一般的な表現です。

日本国内では、総務省や日本テレワーク協会で、「テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義されています。

「リモートワーク」との違いは、「時間も有効活用できる」という点で、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を調整できるという点があります。

「リモートワーク」とは?

「リモートワーク」の意味と概要について紹介します。

「リモートワーク」の意味

「リモートワーク」は、「オフィスから離れた場所で勤務すること」です。

「リモートワーク」の概要

「リモートワーク」は、英語の“remote”(遠隔)」“work”(働く)」を組み合わせた造語で、「遠隔地で働く」という意味です。

こちらは海外でも通用する英語で“remote working”と使われています。

「リモートワーク」「オフィスから離れた場所で働くこと」という意味ですが、その他に明確な定義はありません。

情報通信技術が使われているか、時間の調整ができるかなどは問わず、とにかく「オフィス以外で働くこと」を表す言葉なのです。

「テレワーク」と「リモートワーク」の違い!

「テレワーク」は、「場所や時間を有効活用できる働き方」です。

「リモートワーク」は、「オフィスから離れた場所で勤務すること」です。

まとめ

今回は「テレワーク」「リモートワーク」の違いをお伝えしました。

「テレワークは時間や場所を選んで働く」「リモートワークはオフィス以外で働く」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典