スポンサーリンク

「デポジット型クレジットカード」と「デビットカード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デポジット型クレジットカード」と「デビットカード」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちのライフスタイルの中で欠かすことのできないアイテムの1つにクレジットカードがあります。

このようなカードの中には「デポジット型クレジットカード」「デビットカード」という種類があるのですが、どのような機能を持っているのでしょうか?

そこでこの記事では、「デポジット型クレジットカード」「デビットカード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デポジット型クレジットカード」とは?

「デポジット型クレジットカード」は、「事前にデポジットと呼ばれる保証金を代金引換で預けて利用するクレジットカード」を指しています。

カードの利用限度額は預けたデポジットの範囲内で設定される点が特徴で、初めにデポジットを預けた後は、利用金額が口座振替によって支払い日に引き落とされることになり、自動的にデポジット額が復活するようになっています。

「デビットカード」とは?

「デビットカード」「品物を購入した時点で支払代金が口座から即時に引き落としされるカードのこと」を指しています。

このカードは口座にある残高の範囲内での支払が可能となっているために、カードの使いすぎを防ぐことができる点が特徴。

また、電子マネーのように、チャージする必要がありません。

「デビットカード」には、銀行のキャッシュカードをそのまま買い物に利用することができるカードの他に、国際ブランド加盟店で利用することが可能な国際ブランド付きのデビットカードがあります。

「デポジット型クレジットカード」と「デビットカード」の違い

ここで「デポジット型クレジットカード」「デビットカード」の違いを見ていきましょう。

「デビットカード」はカードを利用すると、即座に口座から購入代金が引き落としされることになります。

一方のデポジット型クレジットカードは、購入代金は口座から引き落とされるのがカード利用後の1カ月~2カ月後になっているので、引き落としのタイミングが異なっているのです。

「デポジット型クレジットカード」の例文

「デポジット型クレジットカード」の例文の見ると、以下のようなものが挙げられます。

・『僕はデポジット型クレジットカードに10万円保証金を設定しているからあまり困ることはないね』
・『デポジット型クレジットカードは必要以上使う心配がないので安心だね』

「デビットカード」の例文

「デビットカード」の例文は以下の通りです。

・『この前、高級スカーフをデビットカードで買おうとしたんだけど、口座残高が不足していたの』
・『僕は騒動買いの癖があるからデビットカードがいいんだ』

まとめ

「デポジット型クレジットカード」「デビットカード」の違いの意味や違いを説明してきましたが、カードを使うことが日常的になっている現代社会のために自分のライフスタイルに合わせた選択が大切です。

何れにしても自分の欲しいものを購入するにしても、使いすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典