スポンサーリンク

「デンジャラス」と「デンジャー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デンジャラス」と「デンジャー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「デンジャラス」「デンジャー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デンジャラス」とは?

危険なさま、危ないさまという意味です。

英語では“dangerous”と書き、危険な、あぶないという意味を持つ形容詞になります。

危険とは、身体の損害や悪い結果になりそうなさまをいいます。

たとえば、「デンジャラスアニマル」といった場合は、危険な動物という意味になります。

人間の生命を脅かすようなものをいいます。

そういった動物には、ライオンやシャムワニなどがいます。

動物園によっては「デンジャラスゾーン」というものを設けています。

ここでは危険な動物が飼育されており、たとえばピラニアやアメリカドクトカゲなどがいます。

「デンジャラス」の使い方

危険なさまという意味でこの言葉だけで使うこともありますが、英語では危険なという形容詞なので、他の語と一緒に使用されることが少なくありません。

「デンジャー」とは?

危険という意味になります。

英語では“danger”と書き、名詞になります。

英語の場合は、身体的、物理的な危険を指します。

身体的な危険とは、命がもうすぐ途絶えそうだといったことです。

物理的な危険とは、物が上から落下しそうだなどのことです。

危険とは、生命や身体の損害が生じる恐れがあることです。

命が途絶えそうだという状態は、生命の損害が生じそうな状態なので、危険といえます。

棚に花瓶がのっています。

この花瓶が今にも落ちそうです。

危険には、悪い結果を招く可能性があるという意味もあります。

花瓶が割れるのは、それを大切にしている人にとっては悪い結果です。

花瓶が高いところから落ちて割れそうな状態は危険といえます。

また、「デンジャー」という名のロックバンドや作曲家もいます。

「デンジャー」の使い方

日常的にはあまり使用されません。

「デンジャラス」と「デンジャー」の違い

身体に損害の恐れがあるという意味が似ています。

「デンジャラス」は英語では“dangerous”と書き、危険な、あぶないという意味を持つ形容詞です。

「デンジャー」は英語では“danger”と書き、危険という意味を持つ名詞です。

2つの言葉には品詞の違いがあります。

日本で一般的に使われているのは「デンジャラス」の方です。

「デンジャラス」の例文

・『彼のデンジャラスなところが魅力的』
・『デンジャラスだといわれている』
・『デンジャラスなスープ』
・『打球がデンジャラス』

「デンジャー」の例文

・『デンジャーという名の商品』
・『デンジャーと書かれた看板』
・『デンジャーゾーン』
・『デンジャーと警告される』

まとめ

生命が脅かされる状態、悪い結果が起こる可能性があるという意味似ている2つの言葉ですが、英語の場合は一方は形容詞、もう一方は名詞で品詞に違いがあります。

日本語のように使う場合は、「デンジャラス」を使うことが多く、危険なさまを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典