スポンサーリンク

「トライ」と「チャレンジ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トライ」と「チャレンジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トライ」「チャレンジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トライ」とは?

「トライ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「新しいことを試みること」という意味で、今までやっていなかったことを試してみることを言います。

2つ目は「ラグビーで、相手側のゴール内にボールを着地させること」という意味で、得点を上げることを言います。

上記に共通するのは「試みる」という意味です。

「トライ」は英語の“try”が日本語化した言葉で、「うまくいくか試す」「限界を試す」「真偽を試す」「試しにやってみる」などの意味があります。

「トライ」の使い方

「トライ」「新しいことを試みること」「ラグビーで、相手側のゴール内にボールを着地させること」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「トライする・した」「トライを決める・決めた」と使われたり、副詞として「トライして」と使われたりします。

基本的に、新しいことに対してうまくいくか試してみることに使われる言葉です。

「チャレンジ」とは?

「チャレンジ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「相手に挑戦すること」という意味で、能力が高い相手と張り合うことを言います。

2つ目は「試合を申し込むこと」という意味で、能力が高い選手と試合をしたいと申し出ることを言います。

3つ目は「困難な問題や、未経験のことに取り組むこと」という意味で、自ら苦労して新しい可能性を見出すことを言います。

4つ目は「球技で、ボールのイン・アウトについて審議を申し出ること」という意味で、定められた回数までビデオ判定を申し立てられる権利のことを言います。

上記に共通するのは「挑戦する」という意味です。

「チャレンジ」は英語の“challenge”が日本語化した言葉で、「異議を唱える」「当然の事として求める」「挑戦する」「勝負を挑む」などの意味があります。

「チャレンジ」の使い方

「チャレンジ」「相手に挑戦すること」「試合を申し込むこと」「困難な問題や、未経験のことに取り組むこと」「球技で、ボールのイン・アウトについて審議を申し出ること」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「チャレンジする・した」と使われたり、副詞として「チャレンジして」問う使われたりします。

基本的に、高いレベルのものごとに挑戦することに使われる言葉です。

「トライ」と「チャレンジ」の違い

「トライ」「新しいことに対してうまくいくか試してみること」という意味です。

「チャレンジ」「高いレベルのものごとに挑戦すること」という意味です。

「トライ」の例文

・『新しいやり方にトライする価値はある』

・『練習でアンダースローにトライしてみた』

・『材料を変更してもう一度トライしてみよう』

・『ラグビーで見事にトライが決まった』

「チャレンジ」の例文

・『去年のチャンピオンにチャレンジした』

・『君のチャレンジ精神を高く評価するよ』

・『資格取得試験にチャレンジしたい』

・『時間ができたら登山にチャレンジするつもりだ』

まとめ

今回は「トライ」「チャレンジ」について紹介しました。

「トライ」「試す」「チャレンジ」「挑戦する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典