スポンサーリンク

「ドレスコード」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドレスコード」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドレスコード」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドレスコード」とは?意味

「ドレスコード」とは、「服装限定」とも呼ばれ、時間・場所・場面、それぞれにふさわしい服装を指します。

場所や場面になどにおいて、その場に参加している人たちが服装を合わせる事によって、その場の空気や雰囲気などを壊さないようにという配慮のもと行われているマナーです。

「ドレスコード」の概要

「ドレスコード」は一般的に時間や場所、場面、いわゆる「TPO」に沿って決定されるため、その状況ごとに「ドレスコード」は異なり、一般的に7種類の「ドレスコード」が存在します。

最も格式の高い「フォーマル」、正式な場面では「セミフォーマル」、セミフォーマルよりカジュアルな「インフォーマル」、結婚式の2次会などの場面では「スマートエレガンス」、スマートエレガンスよりカジュアルな「カジュアルエレガンス」、ジーンズなどのラフすぎる格好を避けた「スマートカジュアル」、ビジネスシーンで用いられる「ビジネスアタイア」が存在します。

この7種類の「ドレスコード」は、どのイベントや行事に着て行けば適しているのかマナーとしてある程度決められていますが、自分から学ぶなどしない限り、なかなか把握しておく事は難しいでしょう。

一般的なよく行われる行事として「冠婚葬祭」が挙げられますが、結婚式ひとつを取っても主催者側か参列者側かによって「ドレスコード」は異なり、主催者側であるならば「フォーマル」、参列者側なら「セミフォール」が適しているとされます。

このように「ドレスコード」は様々な場面や場所、時間によって異なるため、自分がどのようなイベントや行事に良く参加するかを把握し、その場面でどの「ドレスコード」が適しているかを知っておく事が重要と言えます。

「ドレスコード」の言葉の使い方や使われ方

「ドレスコード」とは上述したように、行事やイベントのなどの際に、どのような場所、場面、時間で行われるかによって選択される服装の事を指します。

冠婚葬祭などの場面に参加する際には「ドレスコード」は必須であり、例えば結婚式にジーンズなどのラフな格好で参加してしまったらその場の空気や雰囲気を壊してしまいます。

そのため、このようなイベントや行事に参加する場面において、「ドレスコード」は非常に重要と言えるでしょう。

「ドレスコード」が使用される場面としては、このような冠婚葬祭を始めとした行事や、企業などのパーティー、高級なホテルなどで行われるイベントや会食など、格式や礼式が問われる場面で使用されます。

友人と近くのレストランや居酒屋に食事に行くなどのラフな場面では「ドレスコード」は必要とされません。

重要なのは、その場所の空気や雰囲気を服装によって統一して、場を乱したり壊したりしないようにという心がけや、マナーを守るという事が大切です。

「ドレスコード」を使った例文

・『明日のイベントのドレスコードは特に決まっていないが、ラフな格好は避けた方がよいだろう』
・『友人の結婚式のスピーチを頼まれたが、ドレスコードは通常の結婚式に参列する格好でよいだろう』
・『取引先を招待したパーティのドレスコードは、参加者で統一する事になった』

まとめ

「ドレスコード」は、そのイベントや行事が行われる場所、時間、場面において決定される服装の事を指しています。

普段「ドレスコード」を意識する機会はありませんが、冠婚葬祭などの場面において、その空気や雰囲気を壊さないように「ドレスコード」を把握しておくことは重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典