スポンサーリンク

「ドン」と「ボス」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドン」と「ボス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドン」「ボス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドン」とは?

「ドン」は、そのエリアや地域を納める実質の権力者です。

そのエリアとは、例えば、国である場合国を治めた権力者のことを「ドン」と呼び、一部エリアでも、「ドン」になります。

その為、「ドン」から見ての「ドン」というのは、その地域に住む権力者から見て、どの程度の権力者であるかを指します。

「ボス」とは?

「ボス」は、「ドン」の子分に当たります。

その上で、「ボス」は、小中大がありそれぞれ役割があり、「大ボス」がボスの中で実質のトップですが、「ドン」よりも下です。

「ドン」と「ボス」の違い

「ドン」「ボス」の違いは、絶対的な権力者であるか、単に、権力者に従う形で自分の思うままに行動する人物であるかです。

「ドン」は、事実上のトップで複数存在することは許されますが、地域や国ごとに一人です。

その上で、「ボス」は枝分かれが許されており、行ってしまえば、「ドン」の仕事を補佐する立場にあるのが「ボス」ですので管理職に当たります。

その為、両者の違いは、経営者と管理職のような関係だとすれば分かりやすいでしょう。

「ドン」の例文

・『静かなるドン』
これは、漫画のタイトルで、昼間は一般のデザイナーとして活躍する主人公は実は新鮮組という暴力団の三代目総長に当たり、ヤクザ稼業を経営する実質の支配者であるという漫画です。

「ドン」は実質の支配者ではありますが、複数存在してもよく、組織一つに対しては一人ですが、別の組織であればまた一人別の人物が支配者になれるため、ヤクザという家業においては、別の組に移行すれば、支配者が別に存在しても許されます。

「ボス」の例文

・『ラスボスを倒す』
この例は、表面上の目的となる支配者を倒すことで真なる支配者を倒すことではないです。

真なる支配者の場合はゲームの場合、裏ぼすや真の支配者という名目で単なるエリアを占有するだけの存在では無く、別核であることを強調しています。

ただ、ゲームの場合、何故か、真の支配者も「ボス」という表記になり、真の支配者は、実は存在しないという扱いになっています。

これはおそらく、王様が勇者に依頼をして「ボス」という地域の支配者を倒すよう命令する権利を持っているが故、真の支配者である「ドン」は王様に当たるが故、『ラスボス』は単なるコマでしかないという解釈が可能です。

まとめ

「ドン」「ボス」の違いは国やエリアの実質的な支配者であるか、単なる中間管理職としての立ち位置であるかです。

「ドン」の方が支配者としての地位があり、「ボス」はあくまで「ドン」という存在を借りて地域を支配して統治しているにすぎず、「ドン」は、「ボス」に対して任命権及び罷免する権利があり、首にすることも「ドン」「ボス」に対して実行ができます。

逆に、「ボス」側は、「ドン」に対して罷免する権利がないが故、支配者の交代を望む場合、実力で奪うか、その他の支配者である「ボス」と協力して「ドン」を罷免するか、倒すしか「ドン」を入れ替えるすべはないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典