スポンサーリンク

「ハッピーハロウィン」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハッピーハロウィン」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハッピーハロウィン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハッピーハロウィン」とは?意味

「ハッピーハロウィン」とは、「ハロウィン」というお祭りを祝う際に使われる言葉です。

「ハッピーハロウィン」の概要

「ハッピーハロウィン」「ハッピー」とは、英単語である“Happy”を指しており、「嬉しい」という意味です。

毎年10月31日に行われてる「ハロウィン」の起源は、古代ケルト人が1年を通して秋の収穫を祝い、感謝するために始まったとされる祭りを指します。

「ハロウィン」は、お菓子を配ったり、仮装をしたりする風習が知られていますが、元々ケルト人にとって10月31日が日本で言う大晦日のような扱いでした。

そのため1年を通して作物の収穫をお祝いするために行われていたとされる収穫祭だったのです。

その後各地に広まり、今のような仮装をしたり、カボチャをくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」を飾ったりする風習へと変化していきました。

そんな中で何故「ハッピーハロウィン」と嬉しさを表現する言葉が付けられるのかと言うと、これは年越しを祝う際の「ハッピーニューイヤー」やクリスマスの際の「メリークリスマス」の様に、「お祭り事を皆で祝いましょう!」「楽しいハロウィンを!」という意味で「ハッピー」とつけられているのだと考えられています。

勘違いされやすいのですが、実は「ハロウィン」という行事はキリスト教の行事ではありません。

もっと言えば、キリスト教の宗派によってはハロウィン自体を禁止している宗派も存在している程です。

イギリス等の欧州英語圏において、大々的に行われる「ハロウィン」ですが、近年では日本でも少しずつ浸透してきています。

街に若者が仮装して楽しいそうに騒ぐ姿を、10月31日に近くなるにつれニュース番組などで目にする機会も多くなってきています。

「ハッピーハロウィン」の言葉の使い方や使われ方

「ハッピーハロウィン」は、10月31日に行われるお祭りである「ハロウィン」を祝う際に使用される言葉です。

「ハッピー」という単語にそこまで気を遣う必要はなく、「メリークリスマス」等と同様に気軽に使うのがよいでしょう。

何故なら「ハロウィン」というお祭りをみんなで楽しむ事が第一で、それを共有するため「ハッピーハロウィン」と声を掛け合うのです。

「ハロウィン」の日に他の人から「ハッピーハロウィン」と声をかけられたら、気軽な気持ちで「ハッピーハロウィン」と返しましょう。

「ハッピーハロウィン」を使った例文

・『ハッピーハロウィン!今日は楽しみましょう!』
・『ハロウィンの日に近所の子供にお菓子をあげたら、大きな声でハッピーハロウィン!と返してくれた』

まとめ

「ハッピーハロウィン」とは、10月31日に開催される収穫際である、「ハロウィン」を祝うとめの言葉となります。

「ハッピーニューイヤー」「メリークリスマス」同様、互いに祭りを祝うための言葉として使われます。

そこまで深く考えず、祭りを祝う際に「ハッピーハロウィン」と使用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典