「ピーカン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ピーカン」

ピーカンという表現はひらがなで描かれることもありますし、カタカナで描かれることもあり、雲が1つもない快晴のことを指しています。

もともと、快晴の空の色がタバコのピース缶の色に似ていたという語源もありますし、「ピントが完全」という映画業界の用語を略したものだとも言われています。

あるいは太陽の光が「ピンと届いてかんかん照り」という状態を指すこともあります。

「ピーカン」の意味

今現在、ピーカンという言葉は雲1つない空のことを指しますが、その語源がどのようなものだったのかは未だにわかっていません。

昭和の頃から使われていた表現であり、今は死語と言っても過言ではないでしょう。

天気が良い日をさしているのです。

「ピーカン」の言葉の使い方

最近ではあまり使われなくなったピーカンという表現ですが、それでも改正や雲1つない空のことなどを指して今でも時々使われることがあります。

ただし、ピーカンというのは北アメリカ原産のくるみや木の実を指すことがあり、それは雲1つない空とは意味が全然違いますので注意が必要です。

「ピーカン」を使った例文・短文(解釈)

それならば、ピーカンという表現を使った文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここではピーカンという言葉を利用した例文をいくつか紹介します。

「ピーカン」の例文1

「今週末はピーカンだから、ピクニックにちょうどいいよ」

ピクニックをしようとするならば、やはり晴れた日が良いですよね。

ピクニック以外にも山登りをしたり、ただ単にデートをしたりという時にも晴れた日の方が良いと思う人は多いのではないでしょうか。

そんな時、ピーカンという言葉を使うことができます。

もちろんピーカンというと雲が1つもないということになり、夏場は特に暑くなりますので、季節によっては注意することが大切です。

「ピーカン」の例文2

「真夏のピーカンの日は熱中症になる可能性があるから気をつけて」

ピーカンというととても聞こえは良いですが、真夏にピーカンを迎えると大変ですよね。

それで風がなかったりするとなおさら、とにかく蒸し暑くでしょうがないという日になるでしょう。

最近は地球温暖化の影響もあり、気温がどんどん上がっています。

7月下旬には40度を超えるという街も少なくありません。

そんな日に雲がなかったりすると、とにかく熱くなってしまい、体調を崩す人も出てきてしまうでしょう。

だからこそ、真夏のピーカンの日は体調を崩さないように注意しなければいけません。

「ピーカン」の例文3

「秋の日のピーカンは空の色がきれいだよね」

真夏のピーカンの日はとても暑くて大変ですが、秋の日のピーカンは空の色がとても綺麗だと思う人も多いのではないでしょうか。

秋は空気が涼しくなり、なんだか空気が清らかに澄んでいるような気がするという人も少なくありません。

だからこそ、空の色がとてもきれいに見えるものなのです。

特に秋や冬は空気が澄んでいると言われており、空の色がとても鮮やかな青色に見えるでしょう。

「ピーカン」の例文4

「桜が満開の時にピーカンになると、本当にきれいだよ」

桜と言えばお花見ですよね。

多くの人がお花見に出かけ、満開の桜を楽しむのではないでしょうか。

最近では夜桜を楽しむ人も増えていますが、やはり昼間の明るいうちに満開の桜を楽しみたいと考える人も少なくありません。

でも、当然ながらもしも曇りだったりすると満開の桜があまりきれいに見えません。

しかし、もしもピーカンで雲1つない青空が広がっていたら、薄ピンク色の桜がその青空に映えてとてもきれいに見えるものです。

もしも雲1つない青空が広がる日があったら、その日の昼間にぜひお花見をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典