スポンサーリンク

「ブラックスワン」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラックスワン」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブラックスワン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブラックスワン」とは?意味

「ブラックスワン」は、あり得ないことが起きたことを指す言葉です。

マーケット等の市場の市場であり得ない動きがみられた際、「ブラックスワン現象」と呼び、あり得ない動きを見せたという意味で用いられる表現になります。

「ブラックスワン」の概要

「ブラックスワン」は、黒鳥のことを指すのですが、当時、白鳥という鳥の種族には、黒い色の鳥は存在しないという考えがあり、ましてや、黒鳥などという鳥は存在しないと考えられていました。

しかし、白鳥の中に稀にですが黒い鳥が生まれるということが分かると、あり得ないが不特定確率で全く異なることが起きることを「ブラックスワン」と呼ぶようになりました。

「ブラックスワン」の言葉の使い方や使われ方

「ブラックスワン」は、現象のことを指す言葉として使用され、あり得ない現象が起きた際、「ブラックスワン現象」と呼び言葉を使用します。

「ブラックスワン」を使った例文

・『ブラックスワンとは、投資においてのイレギュラー』
この例は、「ブラックスワン」という現象は投資においては単なるイレギュラーであるとした例です。

「ブラックスワン」という言葉自体が、白鳥が黒色の鳥を生んだ、イレギュラーを生んだという意味であるため、適切な使用例になります。

・『ブラックスワン理論』
この例は、「ブラックスワン理論」についてのお話です。

「ブラックスワン理論」とは、あり得ない事情が起きるとその事情にたいして衝撃を受けるという物です。

つまり、金融であれ自然災害であれ、人間が理解できないことが起きた場合、その衝撃を受けることを「ブラックスワン現象」と呼びます。

・『ブラックスワンは、白鳥の遺伝子異常である』
この例は、黒鳥とは、実は白鳥のことで、単に遺伝子が異常となり黒くなっただけだという例です。

実際に、白鳥が黒い個体で生まれていることが知られるのは、1697年になり、それよりも以前は白鳥は絶対に白色だったが故、黒い白鳥が存在することは世界に衝撃を与えたのです。

まとめ

「ブラックスワン」とは、今でこそ、白鳥が黒くなった遺伝子異常の白鳥だと言われていますが、1967年よりも前はその存在自体知られておらず、白鳥はすべて白色という認識だったのです。

ところが、時代が変わり、白鳥にも黒い個体がいると分かると、あり得ないことではあるがあり得るかもしれないという現象を指す、「ブラックスワン現象」と呼ばれる言葉として定着していきました。

なお、遺伝子異常によって誕生したものについては、白鳥以外であれば、実は文鳥という鳥も遺伝子の異常で色が変化した個体がおり、シナモン文鳥と言う文鳥が実は遺伝子の差異で生まれた色の異なる文鳥となっています。

このほかにも、色素が抜け落ちたカラスも遺伝子異常の鳥で、真っ白なカラスも実はあり得ない現象の一つで、こちらは白くなっていることから、ホワイトカラス現象とでも呼べばよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典