「ブリュレ」と「プリン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブリュレ」と「プリン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブリュレ」「プリン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブリュレ」とは?

「ブリュレ」の意味と概要について紹介します。

「ブリュレ」の意味

「ブリュレ」「砂糖を振りかけて焦がしたカラメルソースが特徴の焼き菓子のこと」です。

「ブリュレ」の概要

「ブリュレ」「クリームブリュレ」と言い、生クリームに砂糖、卵黄を混ぜて、ラメキンと呼ばれる丸い陽気に流し込み、オーブンで焼いて作った洋菓子です。

最も大きな特徴はカラメルで、ソースではなく、砂糖を表面に振りかけて、バナーで焦がして仕上げます。

「ブリュレ」とはフランス語で「焦がした」という意味で、ホロ苦さと生地の甘味が合わさった香ばしさで人気があります。

「プリン」はひっくり返した状態で型から出して食べますが、「ブリュレ」は器に入ったまま。

カラメルの焦げて固まった部分を割り、中味と混ぜて食べます。

「プリン」とは?

「プリン」の意味と概要について紹介します。

「プリン」の意味

「プリン」「牛乳、砂糖、卵を混ぜて容器に入れて蒸した洋菓子のこと」です。

「プリン」の概要

「プリン」は、牛乳、砂糖、卵を混ぜて容器に流し込み、蒸して作った洋菓子のことを言います。

カラメルソースは最初から容器の底に引いておき、その上から生地を流し込んで仕上げ、食べる時に容器からひっくり返して出すのが特徴です。

人によっては容器のまま食べることもあります。

カラメルの作り方は、砂糖と水を火にかけて丁寧に煮詰めたものです。

「ブリュレ」と「プリン」の違い!

「ブリュレ」「プリン」の違いを、分かりやすく解説します。

材料

「ブリュレ」の材料には「生クリーム」が使われます。

「プリン」の材料には「牛乳」が使われます。

カラメル

「ブリュレ」のカラメルは、砂糖をまぶして焦がします。

「プリン」のカラメルは、砂糖と水を煮詰めます。

食べ方

「ブリュレ」は器に入ったまま食べます。

「プリン」は型から出してひっくり返して食べることが多くなります。

まとめ

今回は「ブリュレ」「プリン」の違いをお伝えしました。

「ブリュレは砂糖を焦がしたカラメル」「プリンは砂糖を煮詰めたカラメル」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典