スポンサーリンク

「プレス加工」と「鍛造加工」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレス加工」と「鍛造加工」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレス加工」「鍛造加工」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレス加工」とは?

「プレス」(press)は押さえること、押し付けることを意味し、 板金などの材料に圧力を加えて成型すること言います。

「プレス加工」(ぷれすかこう)は加工される材料を金型(かながた)にプレスして形を作る加工方法のことを言います。

プレス加工をする際には、初めに製品を生み出すための金型を設計、製作する必要があります。

プレス加工は、プレス用金型をプレス機にセットし、材料をプレスすると製品が成形されるというシンプルな仕組みです。

プレス加工は、低コストでの大量生産が得意なため、今では製造業では欠かせない加工方法になっています。

これは一番のメリットです。

金型さえ作成すれば、同じクオリティの製品を作ることが可能です。

「鍛造加工」とは?

「鍛造加工」は(たんぞうかこう)と読み、「鍛造加工」は、金属の塊を強くたたいて、目的の形に成形する加工方法です。

鍛造加工の歴史は非常に古く、何千年も前から存在しています。

「鍛造加工」は、「塑性加工」(そせいかこう)のひとつです。

塑性(そせい)とは、固体に外力を加えて変形させ、力を取り去ってももとに戻らない性質を言います。

可塑性(かそせい)とも言います。

「塑性加工」(そせいかこう)は、金属をはじめとする固体には、一定の力によって変形すると元に戻らない性質(塑性)がある点を利用した加工方法です。

鍛造によってつくらた製品は「鍛造品」とよばれ、自動車部品をはじめ、ネジや歯車など強度と安全性がもとめられる量産部品の成形に使われています。

加熱してたたくことで、強度の高い鍛造品ができあがります 圧縮・打撃などによって材料に大きな力を加えることで、耐久性のある製品を作成できるのが「鍛造加工」の強みです。

打撃を受けた金属は、金属内部の気泡などが圧着され、結晶が微細化して結晶方向が揃うため、耐久性のある製品が完成します。

「プレス加工」と「鍛造加工」の違い

「プレス加工」「鍛造加工」の違いを、分かりやすく解説します。

プレス加工:加工される材料(被加工物)を「金型」にプレスして形を作る加工方法。

鍛造加工:金属の塊を金型で強くたたいて、目的の形に成形する加工法。

必ず「金型」が必要なのが、「プレス加工」、必要ではないのが「鍛造加工」です。

「プレス加工」は一度金型を作ってしまえば、材料を入れるだけで同じ形状の製品を大量生産ができます。

ただ、導入にコストがかかります。

一方、「鍛造加工」は、小ロット生産や完全受注生産に向いています。

ハンマーなどで叩いて手作業する場合、担当者の技術力により精度が異なる問題点もあります。

まとめ

今回は、「プレス加工」「鍛造加工」の違い説明しました。

プレス加工:加工される材料(被加工物)を「金型」にプレスして形を作る加工方法。

「プレス加工」は金型が必ず必要。

鍛造加工:金属の塊を金型で強くたたいて、目的の形に成形する加工法。

を意味します。

2つの違いを知って、知識を増やしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典