スポンサーリンク

「ヘビーユーザー」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヘビーユーザー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス業界ではよく耳にすることがある「ヘビーユーザー」

この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

そこでこの記事では、「ヘビーユーザー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヘビーユーザー」とは?意味

「ヘビーユーザー」とは直訳すると「重たい利用者」という意味になりますが、実際には「よく利用している利用者」「使用頻度の高い顧客」という解釈が一般的です。

「ヘビーユーザー」の概要

「ヘビーユーザー」は主に企業が 自社の製品やサービスを購入して使う顧客に対して使うことがあります。

製品の使用する頻度がとても多い時にその人を指して使うのですが、中にはパソコンやインターネットでも一般の人と比べて長い時間、使用しているような時でもこの言葉で呼称するケースも出て来ることが多いでしょう。

尚、顧客の観点からすると、企業にとっては「ありがたいお客様」というよりは、規定以上のレベルで過度な使い方をするために、「迷惑な利用者」として解釈する場合もあるのです。

「ヘビーユーザー」の言葉の使い方や使われ方

ではここで「ヘビーユーザー」の使用例を挙げながら、言葉の意味を確認していきましょう。

「ヘビーユーザー」を使った例文(使用例)

・『あのお客さんはい1日で10GB以上のデータを使うヘビーユーザーだ。回線のデータ制限の対象だ』
スマホでLTEを使うユーザーで1日大量のデータを使う人がいます。

そのような人がまさに「ヘビーユーザー」ですが、他の利用者との回線共有に支障が出てしまうために、データの使用制限の対象になってしまいます。

・『彼はパソコンのヘビーユーザーのためにすぐにハードディスクが満杯になってしまう。しかも、長時間使っているのでバッテリーの寿命も短い』
これもヘビーユーザーの典型的な使われ方でしょう。

現代のビジネス社会ではIT機器の利活用は必須のこと。

パソコンはその中核をなす機器ですが、やはり耐久性を考えると仕様を越えるような使い方をずっと続けていると、機器に負荷がかかってしまい寿命が短くなってしまいます。

特にバッテリーなどは充電しながら使用していると、それだけで劣化が進むのですぐに交換しなくてはならないでしょう。

・『当社の顧客でヘビーユーザーの対象となる割合がかなり増えてきている。これでは他のお客様にもご迷惑をかけてしまうので、抜本的な対策を講じる必要がある』
この例文でもあまりいい意味では使われていません。

あまりにも使い方がひどいので、そのしわ寄せが他のお客さんにまで及んでしまうことを懸念しています。

このようなことを避けるためにも、回避策を講じる企業なのです。

まとめ

「ヘビーユーザー」について解説してきました。

この言葉は利用頻度が高い顧客を指しているために、優良顧客のように思えてしまいます。

しかし、実際にはあまり良い意味で使われていないので、正しい使い方をするように注意しなくてはなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典