スポンサーリンク

「マスタデータ」と「トランザクションデータ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マスタデータ」と「トランザクションデータ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マスタデータ」「トランザクションデータ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マスタデータ」とは?

「マスタデータ」とは、「情報システムを実際に稼働させる前の段階で作成しておくべきデータ」のことを意味しています。

「マスタデータ」というのは、「企業内の人材・部署・資産状況・業務関連情報などのデータを収録した、ある程度固定的なデータベース」を示しているIT用語になります。

「マスタデータ」というIT用語・経営用語は、「企業の経営資源・人材特性(社員情報)・業務に必要な情報などのデータをまとめたファイルやデータベース」といった意味合いを持っているのです。

「トランザクションデータ」とは?

「トランザクションデータ」とは、「情報システムを実際に動かしながら取得して蓄積していくデータ」のことを意味しています。

「トランザクションデータ」「トランザクション」というのは、「やり取り・取引」といった意味を持っている言葉です。

「トランザクションデータ」というIT用語は、「情報システムの運用あるいは企業の事業活動の遂行に合わせて増えていくデータ」のことを指し示しているのです。

代表的な「トランザクションデータ」として、「店舗の売上と利益・お客様の来店者数・売れた商品の種類と個数・時間帯(曜日)ごとの売上の推移・従業員の勤怠情報」などを考えることができます。

「マスタデータ」と「トランザクションデータ」の違い

「マスタデータ」「トランザクションデータ」の最大の違いは、「マスタデータ」「基本的に変動しない固定的なデータベース」であり、「トランザクションデータ」「データ増加によって変動しつづける流動的なデータベース」であるという違いになります。

「マスタデータ」「企業における社員の人数と経歴・アルバイトの人数と経歴・業務遂行に必要な情報・会社の資産と負債」など、「短期間で大きな変化を見せることのない情報を記録したファイル・データベース」のことを示しています。

それに対して、「トランザクションデータ」というのは、「企業の営業活動・事業活動の遂行」あるいは「情報システムの稼働・運用」によって、「常に変化しつづける情報を集計したり記録したりしたファイル・データベース」といった意味合いを持っている違いを挙げられます。

「マスタデータ」は一度保存したデータの内容を書き換える頻度はかなり少なくなりますが、「トランザクションデータ」は常にデータの内容(企業と顧客・取引先とのやり取りのデータなど)が更新されたり蓄積されたりするという違いも指摘することができます。

まとめ

「マスタデータ」「トランザクションデータ」の違いについて分かりやすく説明しましたが、いかがでしたか?

「マスタデータ」とは、「実際に事業・システム運用をする前から入力しておくべき固定的なデータ」を意味しています。

「トランザクションデータ」は、「実際に事業を遂行したりシステムを動かしたりしながら、常に増え続けて蓄積していくデータ」を示している違いがあります。

「マスタデータ」「トランザクションデータ」の違いについて詳しく知りたいときは、この記事の解説を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典