「マナー」と「作法」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マナー」と「作法」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マナー」「作法」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マナー」とは?

「マナー」の意味と使い方について紹介します。

「マナー」の意味

「マナー」とは「相手に対する態度・礼儀」という意味です。

「マナー」の使い方

「マナー」とは、相手のことを敬い、大切に思う気持ちを態度や礼儀で表したものを言います。

英語の“manner”「やり方」「態度」「習慣」「流」「方法」「格好」など様々な意味があります。

日本語では「行儀」と同じ意味として使われ、一緒にいる人に不快な思いをさせない様に、礼儀を守って行動することをいいます。

具体的には「タバコを吸う時には人気のないところへ行く」「飲食店で調子に乗って大騒ぎをしない」などがあります。

「マナー」を守ることで、集団行動がスムーズに進められるのです。

「作法」とは?

「作法」の意味と使い方について紹介します。

「作法」の意味

「作法」「さほう」と読みます。

意味は「ものごとの決まったやり方」「きまり」「しきたり」「正しい動作」になります。

「作法」の使い方

「作法」は、何かをする時に、美しく見せる為の立ち居振る舞いのやり方を言います。

身のこなしが美しく見えるだけではなく、正しいやり方に従っていることを表します。

「作法」は良い・悪いで表すものではなく、正しい・間違っているで表現されることも多くあります。

「茶道」「華道」など、「道」の付く芸事は「作法」が厳しい傾向があります。

身に付けることでその人の評価が高くなるなどのメリットもあります。

「マナー」と「作法」の違い!

「マナー」「相手に対する態度・礼儀」です。

「作法」「何かをする時に、美しく見せる為の振る舞いや決まったやり方」です。

まとめ

今回は「マナー」「作法」の違いをお伝えしました。

「マナーは相手の為」「作法は自分の為」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典