「マミー」と「ピルクル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マミー」と「ピルクル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マミー」「ピルクル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マミー」とは?

「マミー」とは、「森永乳業が製造販売している、独特な甘酸っぱい味が特徴のミルクカルシウムが入った乳酸菌飲料」のことです。

「マミー」は2015年3月に原材料の配合を見直して、「人工甘味料(アセスルファムK・スクラロース)」の使用をやめています。

「マミー」には「ミルクカルシウム+ビタミンD」が配合されているので、カルシウムの吸収効率が良い乳酸菌飲料に仕上げられています。

「ピルクル」とは?

「ピルクル」とは、「日清ヨークが製造販売している、酸味を抑えた飲みやすい味が特徴の特定保健用食品に指定されている乳酸菌飲料」のことです。

「ピルクル」「カゼイ菌(NY1301株)」という乳酸菌が含まれている特定保健用食品であるため、「おなかの調子を良好に保つ」という乳酸菌の機能・働きが記載されています。

「ピルクル」は約100時間もかけて乳酸菌の発酵を行っていて、独特のまろやかな風味となめらかなのどごしを作り出しているのです。

「マミー」と「ピルクル」の違い!

「マミー」「ピルクル」の違いを、分かりやすく解説します。

「マミー」「ピルクル」もどちらもヤクルトのような乳酸菌飲料ですが、「マミー」「森永乳業」が販売していて、「ピルクル」「日清ヨーク」が販売しているという違いがあります。

また「マミー」「生きた乳酸菌」が入っていますが、「ピルクル」のほうは具体的に「カゼイ菌(NY1301株)」という種類の乳酸菌が入っている違いを指摘できます。

「ピルクル」「厚生労働省による特定保健用食品の認定」を受けていて「おなかの調子を良好に保つ」とパッケージに記載されていますが、「マミー」は特定保健用食品ではない違いもあります。

さらに、「ピルクル」のほうが「マミー」よりもやや酸味が弱くてあっさりした味になっています。

まとめ

「マミー」「ピルクル」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マミー」とは「森永乳業が製造販売している独特な甘酸っぱい味が特徴の乳酸菌飲料」を意味していて、「ピルクル」「日清ヨークが製造販売している飲みやすい味が特徴の特定保健用食品に認定されている乳酸菌飲料」を意味している違いがあります。

「マミー」「ピルクル」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典