スポンサーリンク

「モラハラ夫」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モラハラ夫」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モラハラ夫」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モラハラ夫」とは?

「モラハラ」とは、“Moral harassment”の略で、言葉や態度などで人を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのことです。

モラルハラスメントという言葉は、フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱しました。

傷が残るような暴力とは違い、精神的な暴力は、あまり重要視されてきませんでしたが、モラルハラスメントという言葉が提唱され、一般的に知られるようになりました。

「モラハラ夫」は、モラハラを妻に行う夫を意味しています。

家庭内で妻に精神的な暴力を振るう夫のことです。

その方法は様々で、度を越えた叱責や、妻や家族に理不尽なルールを課す、人に厳しく自分に甘くする、経済的暴力などの方法で、妻を追い詰めます。

モラハラを受けた妻は、最初は違和感がある程度ですが、次第に夫に対して恐怖を感じるようになります。

精神的な暴力は、少し受けた程度なら、それほど深い傷を残しませんが、長い間受けた場合や、日常的に受けると、心身に大きな影響があります。

「モラハラ夫」の概要

「モラハラ夫」は、家庭内で妻に精神的暴力を振るいます。

そのため、表面的には分からないこともあります。

肉体的な暴力とは違い、目には見えませんが、長期的、日常的に受けることにより、大きなダメージがあります。

暴力を振るうドメスティックバイオレンスとは違い、被害を受けている状況や、被害の程度がわかりにくく、周囲が気づきにくいのが特徴です。

また、モラハラ夫も、モラハラを受けている妻も、暴力ではなく愛だと思っていることがあります。

モラハラ夫が、モラハラ夫になってしまう理由は、本人の生まれ持った気質、本人が幼い頃などに受けたトラウマによるものや、モラハラ家庭で育った場合や、自分を守るために妻を攻撃するなどがあるとされています。

モラハラしている本人は、罪悪感を持たないことが多く、自分では愛だと思っていたり、自分の方が被害者だと感じたりしていると言われています。

モラハラ夫は、普通の人なら罪悪感を覚えるような攻撃的な言動を、平気で行ってしまいます。

その攻撃性には、ナルシシズムの拡大がみられます。

「モラハラ夫」の言葉の使い方や使われ方

モラルハラスメントを、行う夫に対して使います。

名詞として、「結婚したら、モラハラ夫に豹変した」や、「乱暴な人だけど、モラハラ夫とまでは言えない」などと、使用します。

「モラハラ夫」を使った例文

・『モラハラ夫と長年暮らしていたら、うつ病になってしまいました』
・『義理の母とモラハラ夫が子供を連れ去ってしまい、どうしたらいいのか分かりません』
・『モラハラ夫との離婚が成立し、生まれ変わったような気持ちです』

まとめ

モラハラは目に見えないので、モラハラ夫という言葉を使うときには注意が必要です。

根拠なく人に使うと、ただの誹謗中傷になってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典