「モラル」と「エチケット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モラル」と「エチケット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モラル」「エチケット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モラル」とは?

「モラル」とは、「人が普遍的な規範として守るべき倫理」「人が踏み行うべき道徳」を意味している言葉です。

「モラル」というのは、「人として是非善悪を分別すべき倫理・道徳やその規範」を意味しているのです。

例えば、「人々のモラルの欠如を憂慮しています」「モラルによって人間社会の秩序は保たれています」などの例文で使えます。

「エチケット」とは?

「エチケット」とは、「特定の相手・個人に対して守るべき礼儀作法・適切な振る舞い」のことを意味している言葉です。

例えば、「劇場ではエチケットを守ってください」「料理をした後に後片付けするのはエチケットです」などの文章で使用できます。

「エチケット」はフランス語の“etiquette”に由来していて、元々は「宮廷に招待された人に行動儀礼を指示したふだ(通用札)・宮廷儀礼」という意味でした。

「モラル」と「エチケット」の違い!

「モラル」「エチケット」の違いを、分かりやすく解説します。

「モラル」「エチケット」はどちらも「人が守るべきもの」を意味していますが、「モラル」というのは「人が善悪を分別して普遍的に守るべきとされる倫理・道徳やその規範」を意味しています。

「モラル」「人として是非善悪を判断すべき一般的な倫理・道徳」を意味していますが、「エチケット」のほうは「特定の相手(個人)・場面に対して実践すべき礼儀作法」を意味しているという違いを指摘できます。

例えば、「他者に誹謗中傷をしないこと」はモラルですが、「新型コロナが流行している時にマスクをすること」はエチケットになる違いがあります。

まとめ

「モラル」「エチケット」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「モラル」とは「人が普遍的規範として守るべき倫理・道徳」を意味していて、「エチケット」「特定の相手(個人)に対する礼儀作法」を意味している違いがあります。

「モラル」「エチケット」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典